せーの!グッディ!

アップルCEOが大絶賛! アプリを開発したのは82歳のおばあちゃん!

アップルCEOが大絶賛! アプリを開発したのは82歳のおばあちゃん!

2017年06月09日 (金)

今週月曜日米・カリフォルニア州サンノゼ市で行われた、iPhoneで知られるアップルの新商品発表会で舞台に上がったティム・クックCEO。
世界中が注目するこの大舞台で、クックCEOがある日本人女性の名前を上げました。



その女性の名前は…、若宮正子さん。年齢は82歳!!!



クックCEO「マサコ! 若宮正子さんは“たったの”82歳です! 彼女は日本出身で今年初めてアプリを公開しました(中略)。彼女たちに大きな拍手を!!」

気品あふれる白髪のこのおばあちゃんが開発し、あのアップルCEOが絶賛したアプリ、それが…、「ヒナダン」。



若宮さんが開発した“ヒナダン”とは、ひな人形の4段飾りの12体の人形を正しい位置に配置するというシニア向けのシンプルなゲーム。
グッディ!はアメリカにいる開発者の若宮さんを直撃! なぜ、このゲームを開発したのか?伺いました。



若宮さん「大変なことばっかりだったんですけど、(ネットに)接続が成功したときは、“やったー!” っていう嬉しさはありました。コンピューターの嬉しさって、それじゃないかなって思いますね」

若宮正子さんは高校を卒業後、銀行に就職。コンピューターを初めて使ったのは定年後の60歳!
そのキッカケは…



若宮さん「当時おばあちゃんの介護をしていてなかなか外に出られなかったもので、その時にパソコンを買っちゃいました」

社会とのつながりを求め、購入したパソコン。
その後、80歳からプログラミングを勉強した若宮さんは、インターネットで知り合った仲間たちに教えてもらいながらこのアプリを作り上げたといいます。
そんな若宮さんは、次回作への意欲も満々!



若宮さん「シニアが喜ぶものであって、娘さん、お孫さんまで三代で楽しめるもの。若い世代に日本の伝統文化を引き継げたら一番いいなって思います」



安藤「パソコンをただイジるんじゃないんですよ。プログラミングをして、このアプリを作っちゃったっていう」

克実「しかも80歳から始めたっておっしゃっていましたね」

安藤「本間正人さん(京都造形芸術大学 副学長)は若宮さんのことご存じでしたか?」

本間氏「いえ、このニュースを見て知りました。僕の母も今年82歳なんですが、今年から大学生になりまして。“私、女子大生!”って言ってるんですけど、この方はさらに上を行くなあと思って。僕は最終学歴っていう言葉を死語にして、“最新学習歴の更新”っていうのを提案してるんですね」

克実「なるほどね〜(笑)」

本間氏「この方が“私は歳だから…”じゃなくて、80歳からプログラミングを学んで、自分の可能性を新たに見つけていくっていうのは素晴らしい生き方だと思って…。大拍手ですね」

安藤「脳は使わなくっちゃ!」

克実「ほんとですね!」



【関連ニュース】
“藤井四段のバッグの中身は?” 答えをジラす酒主アナに安藤さんのキツ〜い一手
“もしも妻ががんになったら・・・”がん患者にかける“魔法の言葉”は「○○○」
アルツハイマー病を進行させる原因は歯周病!?その対策もご紹介!


カテゴリー: 安藤なっとく
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP