せーの!グッディ!

「中川議員は昔から異性関係に積極的だった?」 伊藤惇夫氏が語るその姿は?

「中川議員は昔から異性関係に積極的だった?」 伊藤惇夫氏が語るその姿は?

2017年04月19日 (水)

きのう18日、自身のフェイスブックで不倫スキャンダルを謝罪し、経済産業大臣政務官を電撃辞任した中川俊直衆院議員(46)。



<中川氏フェイスブックより>
「家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです…」


不倫を認め、経済産業大臣政務官を辞任した中川議員。
突然の辞任発表の理由は、明日(20日)発売の週刊新潮に決定的な写真と記事が掲載されることが判明したことにありました。
そして、このフェイスブックの更新から2時間後、週刊新潮側がツイッターで衝撃的な予告をしたのです。

<週刊新潮ツイッターより>
「また週刊誌の不倫ネタかよと思われるかもしれませんが、“重婚ウェディング”までした愛人と揉め、現職議員が警察に「ストーカー登録」されてしまったという前代未聞です」




“重婚ウェディング”、“ストーカー登録”というショッキングなワードが並ぶこのツイートは大きな波紋を呼びました。このスキャンダルの渦中の人物となった中川議員とは、いったいどんな人物なのでしょうか?



中川俊直議員は、父・秀直氏と祖父・俊思氏も政治家という政治一家で育ったまさにサラブレッド。大学卒業後、テレビ東京で政治部記者を経験。その後、父・秀直氏の秘書を12年間勤め、2012年父の地盤を継ぐ形で広島4区から出馬し初当選。去年8月には経済産業大臣政務官に就任します。2期目で、大臣を補佐する政務官に任命されるのは異例の出世なんだとか。

スタジオでは中川議員の記者時代を良く知る政治アナリストの伊藤惇夫さんに、中川議員の人となりなどを語っていただきました。



伊藤氏「彼はテレビ東京の記者で野党担当だったんですが、その頃から知っています。非常に礼儀正しく、人懐っこい感じで一緒に食事をしたことも何回もあるんですよ。ただ正直、当時から異性関係についてはかなり積極的だなぁという噂は聞いたことがあります」

安藤「そうなんですか〜、あと、二世議員の方ってたくさんいらっしゃって、ひとまとめにするのは申し訳なんですけれど、二世議員独特の甘さみたいなものはあったんですか?」

伊藤氏「そんなことはなく、むしろしっかりしているタイプだなという評価があったことは事実です。お父さんの秘書をされているときも、非常に慎重で話し方も丁寧であまり悪い印象はなかったですね」


今回、報じられた“重婚ウェディング”とは、その名の通り“既婚者でありながら別の女性と結婚すること”。罪を犯すと、懲役2年以下の刑罰が科される重婚ですが現在、婚姻の記録はデータ管理されているため、婚姻届が受理されず、重婚することはほぼ不可能なんだそうです。



では、中川議員の“重婚ウェディング”の真相は何なのでしょうか。
グッディ! パネラーの時事通信社特別解説委員・田ア史郎氏が自民党関係者を取材したところによると…、“中川氏と妻以外の女性がハワイで挙式した写真が週刊誌に出る。その後、2人にトラブルがあり、警察にストーカー登録された”とのこと。



安藤「ハワイで挙式した写真というのは、婚姻届を出すということでなく、あくまでも挙式したってことですか?」

伊藤氏「そうですね。まだ発売されてないのではっきりはしませんが、恐らく2人と神父さんが写っているんだと思います」

安藤「海外で挙式をするときって、その場でサインをしますよね」

伊藤氏「そういうサインはしてあるみたいですね」


さらに週刊新潮が予告した中川議員の“ストーカー登録”。
元警視庁刑事の吉川祐二さんによると…“ストーカー登録”は被害者から相談を受けた警察がその状況を調査。裏付けが取れた時点で被害者と加害者の住所や相談内容の情報を警察の端末に登録され、全国の警察で情報が共有されるというもの。



伊藤氏「3月に別の(女性)国会議員とのちょっとしたスキャンダルがありましたよね。それもひとつキッカケとしてあったのかなと。今回のスキャンダルの相手の女性というのはテレビ東京時代からの知り合いでかなり長い付き合いなので、何かがキッカケで問題が起こったのかなと思いますね。(中略)どこかで女性側から距離を置いたのに、その後も中川さんのほうから交際を求めていた可能性はあると思うんですけどね」

このスキャンダルは、政務官を辞任ということで収まるのでしょうか? 今後の動向に注目が集まります。


【関連ニュース】
資料の真っ黒度合いにビックリ! スタジオに財務省の黒塗り資料100枚登場!
豊洲移転問題の新事実は語られる? 会見からわかる浜渦氏の本当の姿


カテゴリー: 安藤えっ!
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP