せーの!グッディ!

【年末特別企画】グッディ!出演者に聞いた“2016年思い出のベストシーン”2

【年末特別企画】グッディ!出演者に聞いた“2016年思い出のベストシーン”2

2016年12月27日 (火)

今年のグッディは明日放送まで! 昨日に引き続き、グッディ!出演者に聞いてみた「2016年思い出のベストシーン」第二弾です!

今日は倉田大誠アナウンサーから!



Q.今年印象に残った取材は何でしたか?
倉田「リオデジャネイロオリンピックに行ったことですね。時差が12時間あってこちらと真逆なので、今考えると地獄のようでした(笑)。とはいえ、とても貴重な経験ができました。リオでは卓球の水谷選手だと思ってインタビューをさせていただいたら、実は水谷選手のお兄さんだったという失敗もありました…。帰国後ご本人にお会いして謝罪しました。水谷選手の方から“あ!間違えた人だ!”という風に言ってくださって(笑)。ほっとしました。水谷選手、その節は大変失礼いたしました」



Q.今年を振り返ってどうでしたか?
倉田「相変わらず出演者たちがとても仲良しでしたね。ただひとつ困っていることがあって…大村正樹キャスターが酔っぱらうと僕のトランクスのゴムを引っ張るんですよ。ゴムが伸びちゃうから止めてほしいです。次の日それを大村さんに報告しても“そんなの覚えてない!ごめんね”って言うんですけど、酔っぱらうと毎回なんです(笑)。あと、安藤さんの誕生日会の時、克実さんが張り切りすぎて棚に頭をぶつけたのはとっても痛そうでした…」

Q.来年はどんな年にしたいですか?
倉田「以前、今年を表す漢字一字を“不”という風に言いましたが、来年は変化できるように“変”という字がふさわしくなる一年にしたいです」


続いて立本信吾アナウンサー



Q.今年はどんな1年でしたか?
立本「アナウンサーの仕事を始めて初の芸能コーナーを担当して、初めての体験がいっぱいありました。アナウンサーは、芸能リポーターの方のように芸能人に質問するというのはあまりないんです。よく芸能人の方が早々に会見を切り上げて家に戻ってしまうときに“○○さーん!○○ですか?”って大声で聞くことってあるじゃないですか? あれを実際に体験して初めて分かったことは、あれには“僕ここで仕事してますよ”っていうアピールもあるんだってこと(笑)。発見でしたね。来年も鋭い質問をたまにはできればな、と思っております」



Q.今年印象に残ったことは?
立本「子供が生まれたということが一番大きいですね。福山雅治さんもおっしゃってましたが、“子供が生まれた時に立ち会うと、どんなに涙もろくない人でも絶対に泣く”と聞いて、私も立ち会いました。感じたことのない感動で、涙がボロボロ出ましたね。神秘的というか、奥さんへの感謝の気持ちでいっぱいで、本当にありがとうって感じですね」

Q.来年はどんな年にしたいですか?
立本「実は僕はあんまり高い目標を持たないのが短所なんですが、最近趣味で体を鍛え始めています。元々ガリガリで、50キロ台だったのが最近70キロ近くまで増えて、ガリガリから普通の身体になりました(笑)。来年は普通をちょっとマッチョに持っていき、隙を見てはグッディで筋肉プレゼンみたいのができれば(笑)。多分採用されませんけど(笑)」


続いて広瀬修一フィールドキャスター



Q.今年はどんな1年でしたか?
広瀬「去年と比べて出張が少なく、芸能・政治の会見取材が多かったですね。ロケだと編集できますが、生放送の会見取材は失敗できないのでより緊張感が高まります。取材対象者がいて、周りに自分以外の記者もいるので、その記者たちと質問がかぶらないように自分が何を聞き出せるかということを常に考えていました」

Q.今年1番印象に残った取材は?
広瀬「舛添さん(前都知事)の取材全般ですね。取材のため毎日都庁に通っていました。会見取材では一般の方から質問を募集したのですが、その質問と他の記者がしていないような質問をその場で擦り合わせて考え、瞬時に対応しなければならないのが難しかったですね。舛添さんの退任までは世間の注目が集まっていたこともあって、責任重大でした」



Q.来年はどんな年にしたいですか?
広瀬「しゃべりが上手くなりたいですね。ちゃんと説明して、ちゃんと伝えられるようになりたい。安藤さんのように、その場で会話の意図をくんで次の展開を引き出す質問をぶつけられるようなキャスターなりたいです」


続いて、今年からグッディ!ファミリーに仲間入りした寺川奈津美気象予報士!



Q.今年はどんな1年でしたか?
寺川「グッディに来て、初めてフジテレビでお天気の仕事をやらせてもらって、ネタとか、フリートークとか初めてのことがいっぱいあって…、難しかったんですけど、刺激的で楽しい1年だったと思います」

Q.今年印象に残ったことは?
寺川「関東で11月に大雪が降ったことがあって“寒い”っていうことを伝えるロケに行ったんです。そこで本当に寒かったので“息をはーっと吐いたら白くなる!”というのを放送で表現しようと思ったら、テレビの画面上では全然それが見えなかったみたいで(笑)。空振りに終わってすごく恥ずかしかったのが印象に残っています(笑)」



Q.来年はどんな年にしたいですか?
寺川「気象のことはもちろんしっかり! 安藤さんのどんな質問にも答えられるようにしたいです。あとブログの動画でネギを使った小芝居をやったんですけど、全然うまくできなくて(笑)。ブログも力を入れて頑張りたいと思います。もちろん、来年も分かりやすく楽しい気象情報をお伝えできるように頑張りたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!」


【関連ニュース】
緊急特別企画 グッディ!出演者に聞いた“2016年思い出のベストシーン”

2016年12月27日
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP