せーの!グッディ!

リオ五輪で大活躍したカヌー・羽根田選手&陸上・飯塚選手の“その後”を追跡取材!

リオ五輪で大活躍したカヌー・羽根田選手&陸上・飯塚選手の“その後”を追跡取材!

2016年12月23日 (金)

2016年の夏、世界中を熱狂させたリオデジャネイロオリンピック。体操・内村航平選手悲願の男子団体の金メダル獲得や、男子卓球史上初のメダル獲得を成し遂げた水谷隼選手のガッツポーズ、五輪4連覇ならず銀メダルに終わった吉田沙保里選手の涙など…、数えきれない感動を私たちに与えてくれました。

では、リオ五輪から4カ月がたち、私たちに感動を与えてくれた選手たちは今どうしているのでしょうか? グッディ! は選手たちの“その後”を追跡取材しました。

まずはカヌー・スラローム競技でアジア人初のメダルを日本にもたらした羽根田卓也選手(29)。



グッディ!取材班は、現在羽根田選手が拠点としている愛知県豊田市に向かいました。

Q.雑念がよぎることは?
羽根田選手「ショーパンかわいいなぁとかですか?」

Q.グッディ!はミタパンなんですが…、
羽根田選手「そっか。じゃあもう一回ね。(仕切り直して)ミタパンかわいいなぁとかですか?」



モテモテなのはいいですけど羽根田選手、ちょっとチャラ過ぎやしませんか???

Q.お願いがあるんですが、グッディ!の視聴者は女性が多くて…筋肉を見せてもらえますか?
羽根田選手「(倒れながら)“脱ぎ”ねぇ〜〜〜」



サービス精神旺盛の羽根田選手、こちらの無茶ぶりになんとOKしてくれました!あの激流を漕ぎこなす肉体美がこちら!



これは…?? 心なしか五輪のときよりもかなりお肉がのっているような?? しかし、いざ練習を始めると、やはりそこはアスリートの顔に!



そして最後に羽根田選手はグッディ! の前である約束をしてくれました。



Q.お父さんがメダルを一度しか首にかけてもらっていないって不満そうにされてましたが、もう、かけてあげないんですか?」
羽根田選手「うん、まぁオリンピックはまだありますからね。次の機会ってことで。」

Q.次の機会とは2020東京五輪ということですか?」
羽根田選手「そうですね」

羽根田選手の“その後”は、4年後に今度は金メダルをお父さんの首にかけてあげるため、すでに走り出していました。


続いては、銀メダルを獲得した陸上男子400mリレーで第2走者を務めた飯塚翔太選手(25)の“その後”を追跡!!



リオデジャネイロオリンピックで飯塚選手たちが世界中に注目された理由の一つは…、この“侍ポーズ”。発案者である飯塚選手を取材すると意外な真相が…、



飯塚選手「実は、最初に考えたのは“富士山ポーズ”だったんです」

なんと当初は侍ポーズではなく富士山ポーズを考えていたようなのですが、



飯塚選手「でも富士山って(世界の人には)分からないかな? と思ってやめました」



倉田「(富士山だと)色んな風に見えちゃうからよくないとやめたそうです」
土田「いや〜気づいてくれてよかった(笑)! 山は世界中にありますからね! あれを富士山って特定できない。侍は日本ってすぐ分かるからいいですね!」
八嶋「頭を抱えてるポーズに思われそうですよね。悩んでいる人みたいな」
安藤「さっきの侍ポーズって効果音ついてた? あれ毎回あった方がいいですね」
土田「そこ(笑)? 無茶なオーダーですね(笑)」
八嶋「もう自分の口で言うしかないですね、シャキーーーーーン!!!って(笑)」



【関連ニュース】
80万人が集まったリオ五輪パレードから柔道メダリスト3選手が生出演!
緩みまくり?のボルトに三田アナが喝っ!!!
ついに閉幕リオ五輪!グッディ!出演者が選ぶ感動シーンとは!?


  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP