せーの!グッディ!

座り過ぎは寿命を縮めるってホント?

座り過ぎは寿命を縮めるってホント?

2016年12月08日 (木)

最近、企業のオフィスにちょっとした異変が起きています。東京・世田谷区にある「楽天」のオフィスにグッディ!が取材に行くと・・・



fディレクター「おじゃまします。わ〜立ってます。立ってますね!」
なぜか立ったまま仕事をしている人が大勢います。まさかミスをして立たされているわけではなさそうですが、つらくないのか聞いてみると・・・
男性「かなり気に入ってやってると思います」



女性「大体立ってますね、私は…」

こちら楽天のオフィスでは、去年からスタンディングデスクを採用しています。ボタンひとつで自由に高さを調節でき、好きな姿勢で仕事ができるんだとか…。なぜこんな試みを始めたかというと理由は、“立って仕事をするほうが動きやすく効率が上がる”ということ。全社員のデスクを一新したそうです。

社員の健康管理を考えて、スタンディングデスクを採用したというのですが、なぜ立ったまま仕事をすると、健康に良いのでしょうか? 発端は、2012年にオーストラリアの大学で発表された衝撃の研究結果でした。

【座り過ぎは寿命を縮める】
20万人を対象とした調査で“座っている時間が長い人は寿命が短くなる可能性がある”という驚愕の結果が報告されました。データによると、1日の内、座る時間が4時間未満の人に比べて11時間以上座っている人は死亡のリスクが1.4倍ほど高くなるというのです。
その調査結果を受けて、こんな動画キャンペーンも始まりました。



“座りすぎが健康を害す!労働時間の80%を座って過ごすオーストラリア人よ立ち上がれ!”


最近は日本でも“座りすぎは身体によくない”という内容の書籍や、雑誌でも特集が組まれるように。そこでグッディ!では、長時間座ることが人体に与える影響を調査しました。まず、街の人たちに「1日のうちどれくらい座って過ごしているのか?」調査してみると…



こちらの男性はなんと13時間! 会社では午前9時半〜午後7時まで座りっぱなし。家に帰っても5時間ほど座っているそうです。
男性「1日の半分ですよね!ちょっとやばいなって。運動しなきゃなって思います」

オーストラリアの研究では、世界20カ国中日本人が最も座る時間が長いという結果も発表されていました。働き過ぎが理由のひとつだとか。では日中の多くの時間を家で過ごす主婦はどうなのでしょうか?


★主婦歴19年の40代女性は…、



取材に協力いただき1日の動きを観察すると、朝起きてから寝るまでに座っていた時間は…11時間。一見長く感じる数字ですが、日本人の平均は8〜9時間と言われています。
40代主婦「もっと立っているつもりでした。ダンスをやっているので、それで大丈夫って思っていたかもしれませんね」

「座りすぎと体の関係」について研究をしている、早稲田大学スポーツ科学学術院の岡浩一朗教授はこう指摘します。



岡教授「運動しているにも関わらず、それ以外の時間に比較的長く座っている人たちのことを“アクティブカウチポテト”という風に呼んだりします」

“アクティブカウチポテト”とは、運動していることで安心しほかの時間は長い間座っている人のこと。このような人が最近増えているそうなんです。
では、座ったままの状態が、体にどんな変化をもたらすのか? グッディ!は、東京・北青山Dクリニック血管外科の阿保義久院長の協力の元、ある実験を行いました。



2人の女性に協力してもらい1時間、座りっぱなしの状態に。1時間後、エコー検査で血管の状態を測定。すると、



変化が現れたのは大腿静脈径(だいたいじょうみゃくけい)という静脈の太さでした。白い筋肉に挟まれた黒い部分が、太ももの静脈。Aさんの場合、検査前に比べ2.4mm、Bさんの場合は1.7mm太くなっていました。
実はこれが異変の兆しなんです!



長時間座り続けるとふくらはぎの筋肉を使わない状態が続きます。ふくらはぎの筋肉は、サブポンプと呼ばれ血液を送る重要な役割を担っているので、使わないとその機能が落ち血流が滞りがちになり血管が膨らんでいきます。これを放っておくとやがて血が固まり血栓ができてしまう可能性があるというのです。この血栓が静脈にでき肺に飛んできてしまうと肺梗塞といってエコノミークラス症候群の原因にもなり命取りになることもあります。

しかし、座る時間を減らすのが難しい人もいるはずですよね。
そこで、メディカルトレーナーの伊藤和磨さんに伝授したもらった血流が滞りにくくなる座り方“坐骨座り”をスタジオで倉田アナが実践。



倉田「まず、お尻を突き出し座面に浅く坐骨を立たせて(腰を曲げず垂直に)座ります。足を前後に開脚し、前の足は小指をつけて立たせ、後ろの足はかかとをあげます。こうして足を開くことによって足の付け根の圧迫が弱まり、血流がよくなるんです!」



八嶋「あーなんだか座ってるの怖くなってきたー!」
安藤「これイイですけど、オフィスワーク中にやってると“態度悪い!”とか怒られそう(笑)」
三田「デスクの下ならバレないんじゃないですか?(笑)」
安藤「大事なことですもんね、ストレッチって」
三田「移動の飛行機の中とかでストレッチやるといいかもしれませんね」



【関連ニュース】
私たち日本人に馴染み深いあの「温泉マーク」が変わってしまう!?
スマホの充電器から発火し、東京の品川駅が騒然!発火トラブルを未然に防ぐには?
発症者の致死率およそ30%! 日本人を脅かす“人食いバクテリア”の予防法とは?


カテゴリー: 八嶋なっとく
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP