せーの!グッディ!

ピコ太郎“PPAP”で 麻薬撲滅!?海外警察でビミョーな替え歌がブーム

ピコ太郎“PPAP”で 麻薬撲滅!?海外警察でビミョーな替え歌がブーム

2016年12月02日 (金)

きのう(12月1日)、今年の新語・流行語大賞が発表され“神がかっている”という意味の「神ってる」が年間大賞に選ばれました。そうした中、見事トップテン入りを果たしたのは、ピコ太郎さん作詞・作曲の「PPAP」



惜しくも大賞は逃しましたが、この独特のリズムと曲調にハマり世界でも真似する人が続出!

その影響は世界の警察にまでおよび…香港では警察がPPAPのパロディ啓発動画を公開!



9月28日から香港の警察の公式ホームページに掲載されたこの動画、シートベルト装着を促すためのもので、再生回数は約2カ月で147万回以上!

さらに、インドネシアでも自由にアレンジしたPPAPを披露しているんです!それが・・・



バリクパパン市の警察署の公式フェイスブックで10月19日から掲載されているこの啓発動画。若者のアルコール摂取に警鐘を鳴らしたり、ドラッグを撲滅したりすることが狙いで、ビールよりもジュース、ドラッグよりもお菓子を選ぶよう啓発する内容です。
特に子供には大人気で、動画を見た地元の小学生と一緒にPPAPをやることも!



三田「カワイイですね〜」
土田「アジア圏は特に人気ありますからね」
八嶋「こういうのを見ると本当に流行ってるんだなって思いますね」
安藤「それにしてもドラッグとお菓子ってすごい組み合わせでしたね(笑)」
土田「PPAPのプロデューサーである小坂大魔王によると“アレンジは全然構わない”そうですからね。彼、ベテランですから(笑)」



【関連ニュース】
東京ディズニーランドの“イッツ・ア・スモールワールド”が大幅リニューアル!
日本企業が年間63億3000円でFCバルセロナのスポンサーに!
25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島東洋カープ!思わぬところに影響が!?


カテゴリー: 八嶋なっとく
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP