せーの!グッディ!

TRFのSAMさん考案! 認知症予防になる脳若返りダンスとは!?

TRFのSAMさん考案! 認知症予防になる脳若返りダンスとは!?

2016年06月17日 (金)

おととい15日、さいたま市岩槻区で行われたストリートダンスの教室。「ストリートダンス=若者」というイメージですが、そこに集まった120人の平均年齢は67歳! この教室の先生は…、



TRFのダンサーSAMさん!
この教室はSAMさんが故郷であるさいたま市で始めた教室で、今回は2回目。TRFの曲を実際に使いながら、筋力強化や転倒防止などに効果のある運動ができると、高齢者に大人気になっています。

実はSAMさんが考案したエクササイズDVD「TRFイージー・ドゥ・ダンササイズ」(2012年6月に発売)が350万枚の大ヒット! その反響の大きさと、SAMさんの知り合いの医療関係者などからの“リハビリにダンスがいいのでは?”という声もあり、医療監修を受けたエクササイズをSAMさんが考案したんです!

SAMさん「ストリートダンスって一番自由度が高くてどんな動きも入れられちゃうので。関節にいい動きとか筋肉強化の動きとかを自由な発想で入れられるっていうのがストリートダンスのいい所かもしれないですね」



この日は86歳の方も参加していたそうですが、
参加者「ラジオ体操もいいんだけど、違う楽しみがある。筋肉も使ってイイ感じ!」
   「認知症にならないね! だってふりを一生懸命覚えなくちゃならないじゃない」


2時間のダンス教室は最後まで1人のリタイア者も出さずに無事終了したとのことです。

ではでは、そんなSAMさん考案の脳若返りダンスとは!? ポイントは以下の4つ。



@ 左足を上げ右手でももを叩く
A 挙げた左足をクロスさせる
B 再び左足を上げ右手でももを叩く
C 上げた左足を戻す


スタジオでは早速克実さん、土田晃之さんがこのダンスに挑戦!



克実「難しいですね。よくある右手と左手で別の動きをする運動みたいな感じで」
倉田「頭使いますよね」


このダンスは医学的にも効果があるようで、医療監修した岩槻南病院の丸山泰幸院長によると…、



丸山院長「左右の足をクロスさせるなど複雑な動きをすることで脳が活発に働き認知症予防に! 転倒予防のため足腰の強化にもなるそうです」

そして最後は実際に音に合わせてダンスを踊ってみることに!“
倉田「ミュージック、スタートオオ!」



土田「スタジオの端っこがインド映画みたいになってますよ(笑)。でもいいですね! SAMさんありがとうですね! スタジオに一体感が!!」
克実「いい金曜日ですね!!」
土田「いい金曜日―!!!」


スタジオはいまだかつてないほどの盛り上がりでした。楽しみながらできて、脳にもいいこのダンス、みなさんもやってみてはいかがですか。


【関連ニュース】
あなたも毎日必ずしている「○○○○」でがん発症のリスクが低下!?
増加する“隠れメタボ患者”その救世主は体の中にいるあの“生き物”


カテゴリー: 克実なっとく
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP