せーの!グッディ!

日本人は寝なさすぎ!? こんなにあった“睡眠不足が引き起こすリスク”を解説

日本人は寝なさすぎ!? こんなにあった“睡眠不足が引き起こすリスク”を解説

2016年05月11日 (水)

みなさんは毎日の睡眠をどれくらいとっていますか?

今月6日、アメリカのミシガン大学が世界100カ国の睡眠時間について調査し、その結果を発表しました。調査方法は、同大学の調査チームが開発したスマートフォンアプリを通じ100カ国数千人の就寝時刻や起床時刻を収集し、そこから国別の平均睡眠時間を出すもの。その結果…、



日本人の平均睡眠時間は7時間24分と最下位に!
2013年には厚生労働省が日本人の5人に1人が睡眠不足であると発表しています。睡眠不足になると身体にどんなリスクがあるのでしょうか? きょうの「カッツミーのピカッとNEWSボード」では睡眠不足によるリスクを解説しました。

■風邪にかかるリスクが上昇!


アメリカのカリフォルニア大学が行った研究によると、睡眠時間が6時間以下だと、風邪にかかってしまうリスクは7時間以上寝る人の4倍という結果が報告されています。たった1時間の差ですが体の中では大きな影響があるようです。


■肥満のリスクが上昇!


アメリカの心臓学会の研究によると、1時間20分睡眠を我慢した人は、体内で食欲ホルモンが増加し、いつもより約550kcalも多く摂取していたことがわかりました。

克実「へぇ〜、寝不足だと食べたくなるんだ」
安藤「たしかに徹夜とかで仕事をしているとやたらと食べちゃうことありますよね」
三田アナ「そうですね、夜中とか食べちゃいますよね(笑)」



■薄毛になるリスクが上昇!


さらに、睡眠不足は頭皮にも悪影響を及ぼします。睡眠不足になると頭皮への栄養補給が減ってしまうことに加え、ストレスで頭皮にダメージも与えてしまうんです。まさか、薄毛のリスクも上昇するなんて…。ビックリですね、克実さん。



克実「やっぱりー!狙ってると思ったよ!」

スタッフのこういうイジリにも慣れた様子の克実さんに、グッディ! では寝ている間に髪と頭皮が回復する“頭皮のハッピーアワー”をご紹介。

倉田「夜10時〜深夜2時の間は“頭皮のハッピーアワー”と呼ばれ、髪や頭皮がもっとも効率よくダメージから回復する時間。この時間に眠ることが頭皮にとても重要なんだそうです」



安藤「克実さん、寝たほうがいいですよ」
克実「すみません…、もう手遅れです(笑)。しかも10時から2時までなんて…大体寝てますよ!!」
三田アナ「まだ、諦めないで!」


睡眠の専門家・平沢スリープ・メンタルクリニックの平澤秀人院長は、睡眠をとる時間帯の重要性についてこのように解説しています。

平澤院長「同じ7時間睡眠でも夜11時〜朝6時と深夜1時〜朝8時とでは“睡眠の質”が違います。日をまたぐように寝た方が体のリズムに良いためより質の高い睡眠になります」

以上のことに気を付けて、みなさんも毎日の睡眠をより質の良いものにしてみてはいかがでしょうか。


【関連ニュース】
タバコ1箱3200円!? 世界のビックリ税金を大公開!
美味しくて安全な野菜炒めの作り方にスタジオ大興奮!

2016年5月11日
カテゴリー: 動画あり安藤えっ!
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP