せーの!グッディ!

460円で極楽! 今流行の“デザイナーズ銭湯”をサバンナ高橋さんが案内してくれました!

460円で極楽! 今流行の“デザイナーズ銭湯”をサバンナ高橋さんが案内してくれました!

2016年02月23日 (火)

最近、建築家の手によって続々と生まれ変わっている「銭湯」。
昔ながらの銭湯がこれまでのイメージとは全く違って照明を工夫したり、光の演出を取り入れたり、スタイリッシュでイマドキのデザイナーズ銭湯に大変身。人気の秘密は料金が460円という銭湯ならではのお値段にもあるようです。

今回はそんな「デザイナーズ銭湯」を大村晟(まさと)アナウンサーが体験! 案内してくれるのは“銭湯の達人”グッディ火曜日パネラーのサバンナ高橋さん!
普段から週に3〜4回は銭湯に通うという銭湯大好き芸人なんです!



まずやってきたのは、東京・品川区にある「武蔵小山温泉 清水湯」



2008年にリニューアルされた清水湯。週末になると1日1000人以上が訪れるという人気の銭湯。ここのおすすめは天然温泉が楽しめること。
「黄金の湯」は、その名の通り黄金色に輝くお湯。地下1500メートルの掘削に成功した銭湯初の大深度温泉で100%源泉かけ流しなんです。銭湯としては初の療養泉にも認定されていて、美肌効果もあるそうです。



大村アナ「お肌がすべすべになりますね!」

更にこちらの清水湯には、もうひとつ温泉がありました! それは「天然黒湯温泉」



東京の黒湯の中でも特にきめが細かいと言われている温泉。都内で2種類の温泉を楽しめる銭湯は清水湯だけ! 黒いお湯の黒湯と黄金の湯を両方掘り当てた超ミラクル温泉なんです。


続いて高橋さんが案内してくれたのは目黒区にある「光明泉」
中目黒駅のすぐ近くにある銭湯でおととし3月にリニューアル! 高橋さんがプライベートで一番多く通っている銭湯です。この銭湯のイチオシポイントは…、屋上にある露天風呂!



屋上に作られた露天風呂で都心とは思えない爽快感が楽しめます。露天風呂は毎週金曜日に男女が入れ替わるそうなので、ホームページなどでチェックしてから行くのがベスト!
ちなみにサバンナ高橋さんには、この季節ならではの銭湯の入り方のこだわりがあるそうで…

サバンナ高橋「ここの浴槽の縁に寝て、体が冷えてきたらお湯をかける。もう永遠にいられます」
さすが、銭湯の達人! 長く楽しむ技術も手に入れています。

さて、ここで「高橋流・温泉の楽しみ方」をご紹介!(あくまでサバンナ高橋さん流です)



其の一・必ずかけ湯をするべし!
サバンナ高橋「かけ湯は必須!足首から徐々に上のほうへかけていくと心臓に負担がかからない」




其の二・手首をあげ、きりもみ式で入湯
サバンナ高橋「足首をお湯につけたら血のめぐりが早くなるため、手首もつけてしまうと心臓によくないので、手首をあげてきりもみ式で入湯!」




其の三・水風呂でしめるべし!
サバンナ高橋「熱いお風呂と水風呂を交互に入ると代謝を高めてくれます。最後はお蕎麦をお湯でゆがいて最後に水でしめるように、水風呂で体をしめてください。これが一番湯冷めしにくいです!」


今回これをすべて実践した大村アナウンサー。普段、水風呂に入らない大村アナは高橋さんの勧めで水風呂に入り大騒ぎ。



大村アナ「うわ〜〜〜!!冷たい!冷たい!」
サバンナ高橋「免疫がないから最初はそうなってしまう。でもこれを超えてようやくキー局のアナウンサーらしい顔になってきた」


サバンナ高橋さんの銭湯へのこだわりに、グッディ!スタジオメンバーは感心しきり。



克実さん「銭湯の入り方にあんなにこだわりがあるとは驚きましたね〜」
安藤さん「銭湯って誰も入っていないタイルの乾いているくらいの時間がいいですよね〜」
サバンナ高橋さん「第二回は僕のボディソープの泡立て方で!皆さんお近くの銭湯を探して是非行っていただきたいです。460円で大満足ですよ!」


460円で充実の施設が整ったデザイナーズ銭湯! あなたも是非行ってみてはどうでしょうか?


【関連ニュース】
徹底したこだわりを実現させた自慢の家“お風呂”
【プロの選択】本当は教えたくない! 旅行ライターがプライベートで行く「天空露天風呂」


  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP