せーの!グッディ!

奇跡! 取り違えで入れ替わった2組の双子が26年ぶりに再会!

奇跡! 取り違えで入れ替わった2組の双子が26年ぶりに再会!

2015年12月17日 (木)

今から26年前、南米・コロンビアで2組の双子が誕生しました。
こちらの写真は、大人になった現在の姿。



左から「ウィルバー」「カルロス」「ウィリアム」「ホルヘ」。
この2組の双子が、生後間もなく“悲劇の取り違え”に合うことに…。


田舎の病院で生まれた「ウィルバー」「カルロス」
生後間もなく「カルロス」が病気になり、「ウィリアム」「ホルヘ」が入院する都会の病院に転院しました。
しかし治療を終えて田舎の病院に戻ってきたのは…、なんと「ウィリアム」だったんです。



両親も取り違えに気づかないまま、4人はそれぞれの家へ。
「ウィルバー」「ウィリアム」は、田舎暮らしで貧しい家庭のカニャス家へ
一方、「カルロス」「ホルヘ」は都会で暮らす裕福なベルナール家へ

そう、4人の人生はここで大きく変わってしまいました。

しかし、この取り違えから約24年後のおととし、運命の歯車が、突然動き出します。
キッカケは「ウィリアム」が働いている精肉店に、偶然、石油関係の仕事をしている「ホルヘ」の同僚が訪れたこと。
同僚は「ウィリアム」を見て一言。



「なんでホルヘが精肉店で仕事してるの?」

勘違いしたのも無理はありません。そこにいたのは「ホルヘ」の本当の双子の兄弟「ウィリアム」
でも、なんのことかわからない「ウィリアム」は同僚を無視したそうです。

そこで、同僚は“ホルヘにそっくりの人がいたよ”と「ホルヘ」に報告しました。気になった「ホルヘ」はネットで写真を検索! そこで「ウィリアム」の写真を見てびっくり!
ホルヘ「似てるじゃん!俺じゃん!」

そこで「ホルヘ」「ウィリアム」と連絡を取り合い、夜の公園で待ち合わせをしました。
26年ぶりの再会! 自分にそっくりの顔を持つ相手に、思わず笑顔がこぼれる2人。
さらに、「ホルヘ」目の前に「ウィリアム」と双子として暮らしている「ウィルバー」が登場。
「ホルヘ」は一緒に暮らしている「カルロス」にそっくりだと驚いたのです。



そこでカルロスを含めて4人で会うことに。

まさに奇跡の再会…。
こうして4人は生まれてから26年ぶりに兄弟と対面したのです。
その後、4人はDNA鑑定を行い、顔のそっくりな者同士が、本物の双子だと判明しました。

カルロスは真実を知った後、幼い頃からの悩みを告白しました。
カルロス「実は…みんなと顔が違うと思っていたんだ。俺はこの家の子供じゃないと…」

その告白を聞いたホルヘは…
ホルヘ「何言ってるんだ。カルロスと俺は本当の兄弟だ」

そして、兄弟愛の証としてカルロスの入れ墨を入れたんです。



その後、4人はどうなったのかというと…戸籍は変えず、入れ違ったまま。
今でも変わらず、元の兄弟と一緒に暮らしていて、4人で集合してランチしたり、全員の共通の趣味であるサッカー観戦に行ったりしているそうです。




【関連ニュース】
5兆5000億円を寄付! FB社CEOマーク・ザッカーバーグ氏の真意とは
資産1兆円超・香港の不動産王がブルーダイヤモンド60億円で落札
えっ!掃除から子守りまで!ネットで話題のお利口犬バロン君


カテゴリー: 安藤えっ!
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP