せーの!グッディ!

使わなかったチケットが保険で補償!? 急増中のミニ保険とは?

使わなかったチケットが保険で補償!? 急増中のミニ保険とは?

2015年11月12日 (木)

建物が傾き、住民に不安が広がった旭化成建材のマンションくい打ち問題。
がんという病気への恐怖と関心が高まった芸能人の相次ぐがんの公表。
こうした今注目されているニュースをきっかけに問い合わせが急増している保険があるといいます。



その保険とは…「少額短期保険」

少額短期保険とは、2006年4月の保険業法改正によって新しい誕生したもので、「ミニ保険」とも言われています。

≪ミニ保険とは≫



安さと手軽さが魅力のミニ保険。
現在「ミニ保険」を販売している業者は83社、契約件数も582万件と増加傾向にあるそう。
では一体、「ミニ保険」にはどのような物があるのでしょうか?




【マンショントラブル保険】
マンションで起こりうる9つのトラブルを想定した保険。この保険会社は、生活音などを巡る近隣トラブル訴訟の弁護士費用や鳥やハチの巣の駆除費用の負担などを補償。
⇒保険料の目安 最大で年1万3500円


【医師が考えたがん治療のための“免疫保険"】
がんに対する免疫力を強化する治療法の費用を補償する保険。40歳未満の人なら月々500〜1000円未満で入れるガン保険で、がんになった場合総額160万円の保険金が出ます。
⇒保険料の目安 40歳以下は月500〜1000円


【不使用チケット費用補償保険】



せっかくチケットを買ったのに風邪をひいたら…、家族が病気になったら…、出張が入ったら…やむを得ない事情で行けなかった場合のチケット代を補償する保険。


【痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険】



痴漢に間違われてえん罪になりそうな場合、弁護士と通話して適切な対処方法のアドバイスを受けることができます。
事件発生後48時間に発生した相談料金や交通費を含む接見費用は保険の対象に。
⇒保険料の目安 月々590円

この他にもたくさん存在するミニ保険ですが、保険料が安いからといって闇雲にたくさん入るのではなく、どんなリスクをカバーしたいのか具体的に考え、自分に合ったものを選ぶことが大切です。


【関連ニュース】
気になる! 「横浜マンション傾き問題」補償はどこまで?
「俳優・金山一彦、動脈解離と診断!ほおっておくとどうなる?」


カテゴリー: 安藤おしえて
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP