アナマガ

キョーダイ

京大ではなく
強大なこともなく
鏡台は縁がなく
兄弟のハナシ

先週の福島競馬場
着いてまず、見ておきたい馬がいて
お休み中とは思いつつ…

1年半ぶりにレースに出るため
馬房でスタンバイ中の
「ウインフルブルーム」
このブログでは2年ぶりの登場
とてもキレイな毛色です

そしてこの日は
彼の弟も福島に来ていた

そ、そっくりじゃん…
名前は「ウインクロノス」
ただし、兄さんより体重は
70キロほど軽い
(兄518キロ 弟450キロ)
同じお父さんとお母さんからでも
サイズはこうも違うんですなあ

弟はこの日デビューでしたが
残念ながら勝てず
兄はサスガ!久々の勝利を飾った

いつか揃って勝つ日が来るといいですが
投稿:福原直英 | 00:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

はっぱふみふみ

は、知らない
倍率ドン、さらに倍
は、ずっと見ていた。
なんちゅーか、ほんちゅーか
も、よく見ていた。

自分の年齢だと、そんなところ

大橋巨泉さんが亡くなりました

生前のことについては
多く報じられていたので
上の言葉を久しぶりに思い出した、
あるいは
今回初めて知った、そんな人もいるでしょう

番組の選り好みがどれほどあろうと
巨泉さんと、もうひとり萩本欽一さん
この二人を見ずにスイッチを切ることはできない
それが昭和のテレビだったのではないでしょうか
そのくらい活躍していました

そして巨泉さんといえば、競馬
「巨泉でバッチリ」のタイトルで
毎週競馬新聞にコラムが載った
いやコラムでなく、専門家としての見解記事

いまや確かめるすべもないが
税務署に申告の際
ハズレ馬券を詰め込んだ段ボールを持ちこみ
「必要経費に認めろ!」と迫ったとの噂も出回ったっけ

自分が競馬を見始めたころの
”競馬評論家・大橋巨泉”が強く印象に残っており
来週の「週刊Gallop」にも
綴っております
 
投稿:福原直英 | 00:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

師匠!

久しぶりに北海道へ
幸い 天気にも恵まれ
優しい人々のおかげもあり
1泊2日 たくさんの馬を見られました

新千歳空港へ向かう直前
取材の「大トリ」を
務めてもらったのは こちら!

日本競馬の至宝
ディープインパクトでございます

一緒にいた或る人が馬体を見るなり
「ディープ師匠…」とつぶやいたので 
こちらもそう呼ばせていただくことに

この夏もお元気で!ディープ師匠!!
 
投稿:福原直英 | 00:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録
アナマガトップ