アナマガ

あー…名馬逝く

その知らせを受け取ったのが
8月30日の 夜

仕事が終わって 
お台場を離れた頃合いだった

携帯端末の文字を読み
そういうことか、とわかると

あー

すぐに返信しようとした、そのひと言目も

あー

だった

どれを一番思い出すか?
いっぺんにさまざまなことを思い出してしまい
頭の中で まとまらなくなった
それが

あー

のココロなのである

皐月賞 ダービー
ジャパンカップ 有馬記念の優勝馬

G1レースを4つも勝っているが
走ったレースは 全部で12
2歳から5歳暮れまで走った馬としては
かなり少ない

それもそのはず
幾度の骨折 長期休養があったから

その理由とも言われた
見とれるほどの 歩きの柔らかさ
本当に美しい

これは 忘れられないね

ラストランの 有馬記念(1993年)
「奇跡の復活!」
記念撮影に向かう彼が
歩いているのを間近で見ていると

あー

そうだ
あの日も 言葉が出なかったんだなあ
いま思い出した

このブログを読んでくださった
彼を見たことがない みなさん
何とかして彼の歩きがわかる画像を
検索してみて

きっと顔や走りにも 惹かれるはずです

トウカイテイオー 逝く

父シンボリルドルフ(表紙の馬)
母トウカイナチュラル
1988.4.20〜2013.8.30







投稿:福原直英 | 13:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

衝撃!夏の思い出



それっ!一緒に行くよ!

ビューッ!

…置いてかれた

の繰り返し。

夏休みのラストに
乗馬特訓を受けてきました

写っている「師匠」は
岡部幸雄さん

当ブログ表紙 シンボリルドルフ
そのすべてのレースの背中にいて
ほかの馬でも 幾多のG1レース優勝

文字通りの スーパージョッキー

これほどの人に レッスンを受けられるなんて!
まさに 衝撃的なできごとですよ



もちろん緊張もあるが 
うれしさのあまり

自分撮りの 自分込みの一枚で 
こんなに笑ってることなど
メッタにないね

いやー それにしても岡部さん
騎手を引退してずいぶん経つけど
馬に乗っている姿が
ホント かっこいい

自分も ヘタなりに
馬乗りが似合うようになりたいな

と、改めて思った晩夏の出来事です


投稿:福原直英 | 22:30 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

函館といえば?

食べ物もおいしい
夜景もキレイ
そして…

温泉。

競馬場の敷地内にもあります



馬温泉所 だって
事前予約制で 一回15分

あくまで治療が目的
馬自身が「ひとっ風呂浴びようかな」
という動機でくるわけでなし
だったら確かに 15分でいいね

手前の看板
いろいろ注意書きがあって
その中に
「湯船に入る前に体をよく洗って」的な文言も

このあたりはヒトの温泉と変わらないわ

中に入ると


湯治 していました

投稿:福原直英 | 22:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

こんなショットで

まずは 水曜日の早朝見た風景から…         
  


志村ー!うしろうしろ!
という掛け声を久しぶりに思い出すような
(ヤングのみなさんは知らないね)

ここは 函館競馬場
函館空港からほど近い

すると…

↑ 調教を終えた馬の背後から
飛行機が高度を下げて迫ってくる!

取材に行ってきましたよ
函館競馬場ではメッタにない G2レースの開催
「札幌記念」
函館でやるけど札幌なの?

細かいことは言いっこなしで






投稿:福原直英 | 01:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

字青山下百問割…

11日の新潟競馬場は
「関屋記念」がメインレース

関屋 とは
むかーし 競馬場があった場所を指す

新潟市関屋 だけでは
その場所を正確に言ったことにならない!

「新潟市関屋字青山下百問割」

がその所在地です
字(あざ)の次から後半は…
何て読むんでしょうか??

ちなみに 今の新潟競馬場は 
新潟市北区笹山 にあります

暑かったよ新潟も
しかし!お客さんもみな頑張った!



競馬場に来たら やっぱり
馬は近くで見なきゃ!

スバラシイことです

で 日帰りですので
花火大会も見ず
新幹線に乗り



おお
越後平野の向うに沈む
夕日かな

さて今週は
「あの地」に 久しぶりに行きます

あの地で どんな再会があるのか
楽しみなのです





投稿:福原直英 | 03:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

潮の香り

台場のオフィスに移転してから
ずいぶん経った

以来 当たり前のように”社窓”から見えるもの
それは 屋形船



夕方になると ご覧のように
船でかなり混み合う
そんな東京であります

むかーし ロケで乗ったんだよね
騎手数人でトーク
別に船に乗らなくてもいいんだけど
まあ そこは雰囲気で!な感じ
それが初の屋形船体験だった

そして 先日
またも屋形船に乗る機会が

今回は ロケじゃなくって
とある人に お誘いいただいて

「お台場でしばらく停泊しまーす」
なんて案内があっても

…こちとら、いつも見てらあ
という気持ちもあり
席にとどまって飲み続けるつもりでいたんだけど

みんなと同じことしないとね

船の上に のぼってみれば



また 違った趣がありますな

まわりの人からは
「球が光ってない!」とクレームが来ましたが

まあまあ それより
ほら
こうしているだけで
潮の香りが プーンと

それだけで いいじゃないですか

アレ 普段台場の「陸の上」って
どんな匂いだっけ

と考え出してみたが
覚えているのは

排気ガスくらいだった


投稿:福原直英 | 01:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

27時間テレビ@小倉

今年は 九州でした

と PCで打ち込もうとしたら

きゅうしゅう

変換!

吸収 が一番
旧州 が二番目に出てきた

えっ

で 九州なのですが
数年ぶりの 小倉競馬場

まずは空路

こういう場所も ちゃんと見つけちゃうんだなあ

わかりますか



真ん中の 左側
栗東トレセンでんがな

で 小倉競馬場に着きました
九州だからね〜
まずはこれで



ちゃんぽん

スタンドからの景色



小倉駅からモノレールで一本
とてもアクセスはよい

ここで実況したのはもちろん初めて
いざやってみると
「直線みじか〜い!」
実際は 293メートル

中山競馬場も 310メートルだから
そんなに違わないはず なんだけど

ドワーッと来て
スッと決まる
そんな感じ

んなわけで
ひとレース入魂で
ギュウォッと気持ちを詰めて
ウジェベギャッと準備して
バンフェッピキャロメンデソッとしゃべってきました

ご協力いただいた
テレビ西日本のみなさま
感謝しています
帰りにそっと
お台場合衆国の ウチワを
打ち合わせテーブルの上に置いてきました
ご活用ください

そして
ふだんとかなり違う放送に
お付き合いいただいた
視聴者のみなさま
ありがとうございました

今週末は いつものように
新潟です





投稿:福原直英 | 13:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録
アナマガトップ