アナマガ

ダービー終わった!

さんざん盛り上がったダービーも
終わりましたよ



ワタシにとっての
メインイベントは
レース=放送だけではなかった

場内で配られる
「レーシングプログラム」(無料)に
出ました!

表紙をめくると そこには…

2004年のダービーを勝ち
今年1月で騎手を引退した
安藤勝己さんとの 対談である

10万は優に超える発行部数

競馬場の入り口で
記念にいっぱいもらっちゃおう、なんて
思っていたら

「おひとり一部ずつでーす!!」

放送席近辺で
他の人に おねだりして
なんとか 数部ゲット

みんな読んでくれたかな〜
座る場所がないからって まさか
敷物代わりにしてないよな〜
とか
一日じゅう 気をもんでました

番組のゲストも安藤さんだったから
打ち合わせ前の ごあいさつ代わりに
「読みました?今日のレープロ」
って聞いたら

「ん?読んでない」

あの…

ワタシから 希少の一部を差し上げました


勝った キズナ の名前も
武豊の タの字も出ないダービー後記は ここだけですね

これから キズナと武豊だらけの
ギャロップ原稿を まとめます


投稿:福原直英 | 19:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

いよいよ 前日だよ

ダービーの 前の日
いろいろ 盛り上がりようもあって

まずは馬券の売れ行き…
おお!一番人気はこの馬ですか
(これを書いている時点で、ね)



キズナ

ディープインパクトの子供です
ジョッキーは 武豊

ディープが引退したあと
「この馬の子供でダービーを勝てたら」
という思いは 十分感じてきました

実力と そんな武さんの思いとを
みんなが受けとめての
一番人気なんでしょう

でもこの馬
3冠レースの一つ目「皐月賞」には出ていない
そこで勝った ロゴタイプ
彼に比べて どうなのか?

競馬は 力比べです
そこに予想の源泉があります

レースまで
馬券の締め切りまでは
もうしばらくある

いろいろな視点で考えながら
今は 土曜の午後
これから競馬場へ向かいます

夕方は
ウイニングチケットと
アグネスフライト
2頭のダービー馬が
東京競馬場のパドックに現れる

先輩を見ていたら
今年のダービー馬が誰か
予想できないかな?


投稿:福原直英 | 13:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

ダービー 80th

という書き方も あるね


さて 水曜日の追い切りが終わり 
また別のバタバタがあるはずの 木曜

しかし!
今年のダービーは 例年と異なるのだ

なんと!
現役最多勝調教師である 藤沢和雄さんが
ダービーに出走させる 3頭を
もう 東京競馬場に運んでしまった
…フツーは レース当日の早朝ですから…

まさに「奇策」

彼らの追い切りは 木曜の朝6時



清々しい朝〜
ここの芝コース
まさに 本番ダービーを戦うコースで
調教を行った

@コディーノは パートナーAと「併せ馬」
2頭で並ぶようにして走る
Aレッドレイヴンは パートナーBを「追いかける」
パートナーを前に行かせ
追いつかないままゴール
Bフラムドグロワールも 同様に
パートナーCを追いかけるおケイコ

レースではないので
先を走ったかどうかは (さほど)重要ではなく
その時の息遣いや 騎手の手の動きとか
反応とかを見るもの

レースならば クタクタになるまで走り
着順がよければ 翌日はぐったり 
それでもいい

調教は違う

…翌日から馬がガラッと良くなってさ!
週末のレースはいい状態で行けるぞ!
これが、あるべき姿です

昨日から 東京競馬場に
仲間と「お泊り状態」の彼ら
総勢10頭

朝のトレーニングを終えて
水を気持ちよさそうに浴びるのは
コディーノ



調教師さんも 満足げ
この藤沢さん たくさん勝っているけど
ダービーだけは 2着が2回
でも 調教師になる前
ある調教師さんの下で働いていた時には
2頭のダービー馬を手掛けた

その一頭が 当欄の”表紙”
↑ シンボリルドルフなのだ

今年の奇策が 吉と出るか

第80回 日本ダービー
見どころの一つです  


投稿:福原直英 | 20:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

第80回 日本ダービー

「告知モノ」から 
行かせていただきます!

★現在開催中
「プロジェクションマッピングショー」


フジテレビのお隣 ダイバーシティ東京にて
日没の後 突如現れる
壁面に 歴代のダービー馬!
ダービー前日の 26日まで開催中

★★26日の東京競馬場には
往年のダービー馬が
2頭登場します
=モチ、実物です

第60代ダービー馬
ウイニングチケットと
第67代ダービー馬
アグネスフライト

実はこのイベント
日曜のお披露目がメインだったのですが
「到着しているなら見てもらおう」
と 急きょ土曜もお披露目に
彼らは 北海道からやってきます

26日 最終レースの後だよ
ダービーデーより
前日の方が 人が少ない
つまり よく見えます
これは断言します

なんでこんなに力を入れるかって?
それは簡単
ワタシが土曜日「だけ」
進行係だから

そして土曜日だけの
企画もある…かも?

んなわけで
ダービー にまつわる
いろいろなお知らせでした

投稿:福原直英 | 20:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

わかったことが、ひとつある。



これは オークス終了後の一枚

左側の人、完全にアゴあがってるし。
バテバテだし。

関係各位のみなさま
ありがとうございました


この撮影直後から 
つまり 仕事を終えてから
胃が痛くなってきた

始まる前じゃなく
終わってホッとしているはずなのに

こんなこともあるんだなあ

今日 わかったこと でした



投稿:福原直英 | 22:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

過酷、に挑むもの

5月12日 東京競馬場
G1 ヴィクトリアマイル 

勝ったのは ヴィルシーナ

「大魔神」佐々木主浩さんの
持ち馬として話題になった

この日まで G1では
2着ばかり 4回

ようやくG1を勝った!

おめでとうございます

競馬場や 北海道でも
何度もお会いしたことがあり
彼の競馬熱 というものを
じかに 感じていたので

本当によかったなあ と思います



で ここからは
同じレースだけど 別の話

このレース
ゲートインしたのは 18頭
ゴールしたのは 17頭

のこりの一頭…
「フミノイマージン」は
最終コーナーで 故障
獣医から 回復不可能と診断され
安楽死となった

そしてもう一頭
レースでは 3番人気だった
「サウンドオブハート」

この馬は ゴールしたものの
脚を痛めた と感じた騎手が
コースの上で 下馬

左前脚に 傷を負ったとみなされ
とりあえず 厩舎へ帰った

見に行くと…



大きく巻かれた バンテージを
気にしながら
それでも一生懸命
カイバを食べていた

精密検査の結果
「競走能力喪失」

命の灯は消されないが 
競走馬としては 再起不能
即引退を意味する診断である

牝馬ということもあって
このあとは 生まれ故郷で傷を癒し
来年からは 繁殖牝馬 として
第2の馬生を送ることになった

デビューした年の暮れ
G1で一番人気に推されたこともある
(騎手は武豊だった)
しかし敗れ その翌年は骨折が判明
復帰後
今年の春 念願の重賞勝利

まさに山あり谷ありの現役生活
お疲れさま


レースは 1分半ほど
大多数が注目するのは
先頭争い
勝つのは一頭
そのほかはみな 負け
しかし実は 勝敗に関係なく
直後 あるいは数日たって
ケガが判明したとか
何か月たっても
体調が戻らないとか

過酷な出来事が
次々と起こる(起こり続けている)
のも競馬なんだよね

クラスが上がるほど つまり
より強い馬同士のレースになるほど
ペースも厳しく 
タフな馬だけが 戦い続けられる

”最上級”のクラスで
今度こそ 今度こそと
ケガをすることなく挑み続けてきた 
ヴィルシーナは
過酷な競馬の世界を生き抜く
才能を持ち合わせているに 違いありません






投稿:福原直英 | 23:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

収録日と放送日の

「ズレ」というのは
当ギョーカイにとって

あるときは ありがたく
またあるときは アタマが
こんがらがっちゃう場合も

そもそも「収録モノ」は
たっぷり撮って
あとで オモシロイ!と思われるところを
編集していくわけですな

この「武豊TV!U」は
かなり長時間の 収録モノであります



今回は エアグルーヴ追悼特集もあり
彼女のパネルを前に
じっくり話してもらいました

1997年からの
エアグルーヴ現役時のレースを振り返っていると
もう 位置取りなどを細かく分析とか
ないわけですが

たとえば
なぜ 武豊はエアグルーヴに
乗ることになったのか?
大変興味深いこの話は
ひとつのまとまったストーリーであり

逆に レースを見ていて
思い出したことを
ポツリポツリ
そこから さらに話がつながっていったり

生番組だったら
ディレクターから「巻き」のサインが入って
あっさり終わっちゃうところでした…

で、この番組のオンエアは
ダービーの前夜なのです

収録時は ダービーの2週間前
武さんが騎乗する「キズナ」の期待感は
話せるけれど

枠順はもちろん
天気予報=馬場状態も
わからないまま 話しているわけで

いい馬です いい競馬できそうです
と収録では言ってみても
番組を見ている人にとっては

…泥んこ不良馬場の大外枠じゃん!
武さん、とうするの?

なんてツッコミが入っている可能性も
なくはない

ほら こんがらがってきた

でもひとつだけ
共通しているのは
ダービーで勝つ馬は わからないということ

さて、われわれはダービーをどう
「予言」しているのでしょうか?

編集を経て
オモシロイ部分を抜き出した
当番組のオンエアは
5月25日です


投稿:福原直英 | 12:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

5月に5℃

なんて、経験したことなかったような気がする

でも5月8日の滋賀県一部地域では  
確かに朝の気温が5℃だった

寒かった

5℃に向いてる服なんて持ってきていない

どうやって、しのぐか?
答えはひとつ

耐える

すると だんだん
日が高くなり

自分の背中にも 太陽の恵みが
サンサンと

耐えてきて、よかった

そんなことを思っていたら
久しぶりに 会いました
池添騎手



少ししか 会話する時間はなかったが
彼のブルゾンの背中

「FRANCE」

いつかどこかで、今回のフランス行きが
実りますように

彼自身が それを願っているんだろうな
と考えながら
馬場入りを見送りました


投稿:福原直英 | 12:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録
アナマガトップ