アナマガ

2月末日

東京あたりは けっこう
暖かった日です
そんな中 お台場から 
近いとも言えなくもない 
川崎競馬場に 行ってみましたよ

名物は 巨大ビジョン



横にもすっごーく 長いんだけど
縦=高さもナカナカ
すぐ手前を走る馬
すぐ後ろに建つマンション
比べてみてくださいな

さて そんな川崎
決して 気まぐれで向かったわけじゃ
もちろん ありません

地方競馬騎手としての 
戸崎圭太騎手 ラストデイ 

安藤勝己さんが ゲスト
トークショーも 花束贈呈も



「道を開いてくださった安藤さんには感謝しています。」
と戸崎さん

中央への”編入試験”クリアのために
サポートした夫人 3人のお子さんからの
花束贈呈もあった

そして もう一人
5年間にわたり
バレット=競馬場での身の回り全般を手伝った
土井さんが
こらえきれずに 号泣
今日で戸崎さんのお手伝いは 終わる
「あれほど向上心のすごい人はいませんでした。」
きっと土井さんの人生にも
大きな影響を与えたに違いない

翌 3月1日
ここから 中央競馬騎手
戸崎圭太の人生が始まる



セレモニーが終わって
この勝負服で 最後の囲み取材
ベテランならば デビュー以来の人もいるだろう 
ここまでずっと言葉を交わしてきた 記者たちが 
最後に一人一人 握手をした
「がんばって」。

そして、そのあと、
戸崎さんが 僕のところにやってきた
「これからよろしくお願いします」
ガッチリ 握手した

3年前の 日本ダービー
地方所属のまま 彼は
トゥザグローリーで
初めてJRA最高峰のレースに騎乗
その夕方
「いい経験になりました!」
あの表情が 忘れられない

今日の握手も きっと忘れない
そして 次に握手をするのは
JRA騎手として 大レースを勝った時

その日はおそらく 遠くない

これからも ケガだけは気をつけて
活躍を祈っています

投稿:福原直英 | 20:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

ここにも…

お台場からほど近いところにもいたよ  
コジローが


大井競馬のコジローです
結果は 惜しい4着
そのうち勝てるのでは

サラブレッドとポニー(ひとつ前の記事に出ています)
どちらのコジローも がんばってください

さて 大井競馬場
2月の開催は 22日まで
(平日もやっているからね)
22日の最終レースは

「がんばれ戸崎圭太!」
と銘打たれた

2月限りで 地方競馬の騎手から
中央=JRAの騎手に転身する
戸崎圭太騎手

地方、とりわけ大井所属からJRAといえば
内田博幸 という人がいて
彼が抜けたあと
大井のリーディングジョッキーとして活躍したのが
戸崎である

JRAと地方競馬の違いは 
いろいろあれど
まず目につくのは「勝負服」

JRAのそれは
馬主のもの だから例えば
ディープインパクトに 武豊騎手が乗ろうと
ほかの騎手が乗ろうと
馬主が決めた同じ服を着る

地方競馬の勝負服は 各騎手が決める
その服で すべてのレースに乗る
だからレース中 服を見れば 
馬名は出ずとも
それが誰かがすぐわかる

戸崎圭太の それは
「青、胴赤星散らし」


服は 中央には持っていけない
だから 今月で見納め

前日までで 2328勝
大井のラストデイには
いくつ上乗せできるだろうか











投稿:福原直英 | 12:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

癒される〜

北海道で
来たるべき「本番」にむけて
鍛えているのは
サラブレッドだけじゃなかった!
ノーザンホースパークでは 
 
ポニーのコジローくんも
がんばっています



自分の背の高さくらいでも
華麗にジャンプ!
…後ろ、青いハードルのバーは落っこちているけど
それはご愛嬌で  

どんなサイズの馬でも
狭いスペースにじっと立つのは 苦手
でも!


見守っているのは
ディープインパクトや
ジェンティルドンナの生産牧場である
ノーザンファームの 吉田勝己さんです

社長さんの前なら
つぎは もっと難度の高い…



できましたρ(⌒◇⌒)ノ

成功したら もちろん



おねえさんのポケットには
小さくカットされたニンジンが詰まっています

4月下旬に本番スタート
そのころは北海道も ようやく春
コジローは もっと芸達者になって 
拍手を浴びていることでしょう

教える立場のおねえさんも ご苦労さま 
ご覧のとおり 引き綱は使わない
それでも
並んで歩いたり走ったり
最初と最後には おじぎもできちゃう
きっと
信頼関係がバッチリ なんだね
(演技中のトークも上手かったなあ)

もっと見ていたいけど
気温は氷点下
体の芯まで冷えてくる

そこで近くの


人馬一体、ふぅ〜
なんて言いながら
熱めの温泉
馬にもお湯にも
すっかり癒されました!








投稿:福原直英 | 15:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

いろいろなサイズ

北海道にて

2013年産
ぞくぞく生まれています



こちらは 生後5時間ほど
体重は 50キロ前後で
すぐに立ち上がる

これが サラブレッドです

一方で 大人だけど小さいのが



ポニー

小さいだけじゃない
実はこの彼 芸達者なのでR

その中身は 次回…



投稿:福原直英 | 20:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

最初の、坂

競馬を見ている方は
ご存じでしょうが

レースの展開を より
おもしろくするために

ゴールに向かう最後の直線に
上り坂を作っているコースがあります

東京競馬場の芝コースは
ゴール手前の
残り460メートルから
300メートルの区間で
高低差 2メートルの坂がある

ふーん…
くらいにしか思わないでしょう
ええ
私も そのくらいの感想ですが

これがね その場所に立つと
結構 上っているように見えるのよ

そこでバテちゃう馬がいたり
上り切ってから グンと伸びる馬がいたり
するわけですよ

でもね 坂は そこだけじゃない

馬たちが 最初に体験するのが
この坂だ!



馬運車で到着し
競馬場の厩舎に 一旦入り
鞍をつけて そこからいよいよ
お客さんの前へ=パドックへの道

スタンドの地下を通り 地上へ

ラストはここも
結構な上りなのよ

もちろん歩いているだけだから
馬にとってはなんてことないんだろうが
人間は ねえ

ちなみに 画面の先に
騎手が滞在する「調整ルーム」
さらに厩舎はその先だから

行き来する人間は 延々と歩くか
競馬場備え付けの 自転車に乗るか

自転車だって
行きはよいよい 帰りは…

もちろん アシストつきじゃないよ

この坂を
サドルから腰を浮かさずに
最後まで上り切れるか?

ひとり体力テストに興じる人 多いとか

今週末も それぞれの坂を克服してください


投稿:福原直英 | 13:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

訂正と、感想と。

★すみません!
番組終盤の 土曜のクイーンカップ結果
「菊沢隆徳調教師は初の重賞勝ち」

…2勝目です
2011年3月、障害の重賞レースを
勝っています★

土曜日
表彰式を見ながら思い出したのは
いまから15年くらい前の
クイーンカップ。

当時の菊沢騎手を背に勝ったのが
エイダイクイン、という牝馬

騎手人生にとって貴重な
クラシック戦線へ有力馬でのぞむチャンス、だった。

桜花賞は 2番人気

しかし ファレノプシスの前に
6着

オークスでまきかえせるか?
そう思ったのも つかの間
馬は骨折が判明し 長期休養へ

あの時の菊沢騎手に
かける言葉は見つからなかった

仲間うちで
「馬乗りが巧い」と評される彼
けれど騎手時代は なかなか大舞台での活躍は叶わず

現在は調教師として 夢に向かって
がんばっている

今年 15年越しで
肩書きは変われど
再びクイーンカップの表彰台に立った

2度目の重賞勝ちだが、
自分で見つけてきた馬 という意味では、
初である。

…G1に夢が広がる この時期のレースを勝てたことは 嬉しいですね…

今度こそ!菊沢隆徳は
桜へ、オークスへ
夢を紡ぎ続けるはず

だから、注目しないわけにいかないのです





投稿:福原直英 | 17:30 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

ザ・穏やか

風もほとんどなく
雪で心配していた昨日がウソのよう



結局
雪まじりの雨を数分だけ
眺めただけで
白い路面も 見ないで終了

もう少しすると
春の匂いがしてきそうです

投稿:福原直英 | 12:38 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

まさか…?

火曜日AM現在

明日の関東(含む平野部)の予報は


それも「しっかり降る」とか
いまは 晴れてるけど?
そこまで冷えていないけど??

前回みたいに 積もるなんてことが
あるのか?



当ブログおなじみの
ウェルカム人形@北海道千歳 は
ごらんのような暮らしぶり

かろうじて「オレはここにいる」と
示せるほどの積雪量

水曜日の関東地方は 
果たして?

まさか これほど積もることは
ないじゃろが

そして、
今から茨城・美浦トレセンに向かう
ワタシの運命は いかに?

いつも以上に
帰京時間 未定としておくわ

ちなみに…
公開時刻は 1111
そのココロは…略



投稿:福原直英 | 11:11 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録
アナマガトップ