アナマガ

〜閑散〜

だーれも いない 
正確にいうと 在室3人

昼間なのに 
これほど 人がいない
アナウンス室は 初めてだ 

だから 撮ってみた 



あれ? 
真夏の午後 
カメラのレンズも溶けてしまったか

真ん中で主役を張るはずだった 田淵くんまで 
輪郭がおぼろげになっちゃったよ 

ごめんねごめんね〜

ちなみに僕は U字工事 好きですよ 

おめー
急にナニ言っちゃってるんだよこらー

ん?僕のアタマも溶け始めているようだ 
こういう時 いちばんしちゃいけないのが 
ブログの更新 
「後に残るもの」を記すのは 控えましょう 

では 



投稿:福原直英 | 15:01 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

Ms.NAKANO

週末も いろいろあって 
そのセンターにあったのは 27時間テレビ 

今年もやったよ 競馬中継 
関連各位のみなさま 御礼申し上げます&
お疲れ様でした。

そして 
そろそろ  ミセス中野の CXラストデイが
近づいているよう 

もちろん!最後まで 働いてもらいます 
今回の場合は
「アクセスの少ない男性アナブログへの協力」
となるわけですけど

思い出した

初対面は 会社ではない 
彼女の入社が 2002年 
僕はニューヨークに行っており 
一時帰国の際 何人かでご飯!の折 
その店に一番乗りしていたのが 彼女だった 

ちなみに2番手が 僕でしたけど 

すごく丁寧にあいさつされた記憶があるなあ…

そのあと 早朝勤務組でよく一緒に 
ニュースが直後にあるにもかかわらず 
元気のミナモト!コーナー
よく乱入した(試食できるからね)もんだ 

放送中に
「…この野菜はですね、福原さん、
血液ドロドロのひとに良いという…」

名指し ですか 

その頃は、
僕の健康を考えてくれていたということに
しましょ…

どうもありがとう

彼女のことだから
この先は 今まで以上
あれこれ心配する必要もなかろう 



幸せな毎日を過ごしてください







投稿:福原直英 | 18:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

こちらは、熱くていいのです

お誕生日近し で
競馬班のみなさんから いただいた 



おいマツオ!
そこに熱い気持ちはあるのか?

どっちでも 飲んじゃいます 
ありがとう


投稿:福原直英 | 16:01 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

ここも暑かった…

おなじみ 滋賀県 
栗東トレセン  

朝からグングン 気温があがって 

もうダメじゃー と時計を見ると 

まだ9時前じゃないの

5時に調教が始まり すでに3時間半 

働いている人は ひと汗 ふた汗 
かき終わっている 

そして空を見上げると



こんな感じでありまして 

滋賀県上空も 朝から 
これだけの飛行物体が 舞っているのですね!

妙に感心してしまったぜ 

そのまま真夏かと思いきや 
今日=20日の東京 
この涼しさは ナニ??


投稿:福原直英 | 17:01 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

暑かった…

京都に行っていました  
武豊TV!U」収録です 

東京より 暑かったような気がする 

とりわけ あそこは暑そうだなあ と
見えたのは 歩道橋の上 

渡ってみた 
 
眼下から 自動車の熱気
真上から 真夏の太陽 

クラクラしてきた 

目的なき歩道橋挑戦は 避けましょう 


この番組 屋外ロケものじゃなくて よかったよ 

でも 照明やらなんやらで 
収録場所も 暑い 

もはやこのブログ 恒例の
番宣用を兼ねた 記念写真 



そのあと 武さんと ご飯行きました 
ちょうど 祇園祭の日
先にお店についていたら 電話が
「すいません!渋滞がひどくて…」
で、途中で車を降り 歩いて向かっていると!

大丈夫?(いろいろな意味で)
そう聞いてしまったよ 

二人だけで いろいろな話をしました 
でも 最中も その後も そして今でも
なんだかピンとこない自分が いる
 
あの 武豊ですからね…

これを 当たり前に思うようになったら
そんな日は 来ないと思うけれど

自分が競馬の現場にいる意味も 
なくなってくるのだと思う 

武さん以外の騎手だって そうだよ 
馬も 調教師も 記者の人たちだって 

たくさんお話しできるのは ありがたいことです。






投稿:福原直英 | 16:01 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

オルフェーヴルのこと

日曜(15日)、発表された…
オルフェーヴルの 凱旋門賞参戦決定について 

本当に行くんだ という
印象のほかに 
池添騎手じゃないんだ という感想

反応の大きさとしては 後者の方が大きいのかな

今の日本の 騎手起用方法 
昔と かなり変わった

昔は 厩舎=調教師に その弟子の騎手 
それゆえ
先輩後輩イコール兄弟弟子の感覚とか 
〇〇一門 という意識があり 
馬を預けるオーナーにすれば
「この厩舎に預けたからには あの騎手が乗る」
そういうことも織り込み済みな風潮があった 

もちろん納得できなければ交代もあった しかし 
調教師が かなり力を持っていた時代 
「だったら よその厩舎へどうぞ」
と オーナーに強く言える調教師もいたが

…今はまずいない

それどころか 勝つための最善策としての騎手起用 
これを馬主と調教師が とことん探る時代になった  
いちばん多い答えが
外国人騎手
日本人なら 勝利数の多い順

厩舎に所属していれば食っていける時代じゃない 
今や厩舎に所属している騎手が まれになった 

オルフェーヴルの場合
デビュー戦から 前回の宝塚記念まで 
すべてのレースに乗ったのが 池添謙一

彼も 「所属していない」フリー騎手である 
馬を一番わかっているはず の自負も
なにより 3冠をともに戦い 勝ってきたのだから 
誰にも譲れる気持ちになるはずが ない

しかし フランスでの騎乗は 
あの スミヨンに決定
 

日本のレースでは 
ブエナビスタの ジャパンカップ2010 
先頭ゴールしたのに 
後続の馬を妨害したとして 2着になった 
あの時の騎手として 有名である

世界では かなりその腕を評価されている人物

一方の 池江調教師 
父が手がけた ディープインパクト 
2006年 凱旋門賞参戦
あの時は親子一緒にレースを見ていた 
史上最強馬と言われたディープでも 
先頭ゴールならず

いつか自分が このレースを勝つ!
気持ちが強いのは当然だ 

そしてオーナーの サンデーサラブレッドクラブは 
ノーザンファームを母体に 今年だけでも 
「ジョワドヴィーヴルが負けても ジェンティルドンナ」(桜花賞)
「ディープブリランテにフェノーメノ」(ダービー1,2着)
「オルフェーヴルにルーラーシップ」(宝塚記念1,2着)

G1レースの活躍は ものすごい 
ちなみに今週末は ダービー馬がイギリスのG1出走

勝つだけじゃなく どう勝つか 
その先の 種馬の価値も含めて 
戦いのスケールが かなり大きくなっている 


肝心の馬は なにも語らない(ように見える)が 
人間は 万策尽きることないかのように 策を練り続ける 

さて オルフェーヴルのフランス遠征 
策が講じられただけの 結果が出せるかどうか 

そして 日本に戻って
ジャパンカップや 有馬記念に出た場合 
その背中は 再び池添なのか それとも…

馬は来月下旬に 出発 
ステップレース「フォア賞」を走って 
本番に臨む予定 

こりゃ 行かなくちゃいけませんね!





 






投稿:福原直英 | 00:01 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

近づいてきました!

アレの季節が 目前

アレをやるとなれば 例のモノも やります

今年は どこから やるのか…

ココだ!




春にリニューアルオープンした ココ

アレ=FNS27時間テレビ 

去年は 函館競馬場で「函館記念」生放送

今年は ココから やります!

そろそろ 支度を始めます 



投稿:福原直英 | 22:01 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

孤高の存在

にも 見えたのです 
ここは 札幌駅のホーム 

今や 発車時間を気にしながら
急いで駅弁買わなくっちゃ!
…の動きもほとんどなく 

と言うか 
売店のサンドウィッチからおにぎりから 
選択肢が増えて 
「峠の釜めし」みたいな コレ!は
少なくなったんじゃないかと

でも この風景を見て 
長旅がしたくなったな 
しばらく景色を楽しんでから 
さ、お弁当でも食べますか なんて
紐をほどいて 缶をプシュッ 

私は新千歳空港まで わずか30分 


だから 買わなかった駅弁 
次は きっと



投稿:福原直英 | 23:59 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

サッポロの朝〜

すごくいい天気です。

月曜から「セレクトセール」
火曜にかけて 子馬を見まくり
今朝は 札幌競馬場

5時から 
さわやかな気候のなか
オトナ馬がレースに備えていました

あー気持ちいい!
投稿:福原直英 | 07:37 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

気温100度!

いま 大変なことになっているのが 
アメリカ各所 

連日 100度を超える熱波が襲っている 

100度…沸騰、ではない

あちらは「華氏」。
摂氏、とはかなり違って 
摂氏10度が 華氏50度(だったかな)
で 華氏100度は
摂氏だと 38度台になって(たと思う)

すまない あいまいな記憶で書いてしまった

ま とにかく 摂氏でも華氏でも 
100度はベラボーに暑い(熱い)ってことで

さて わが日本

夏競馬は どんどん進んでいて… 
8日で 福島競馬も おしまい 
そのあとは新潟
途中 27時間テレビも あるでよ

そして 今 
気にしているのが 
日曜日の、その翌日に始まる

セレクトセール!

月曜が 1歳馬
火曜が 当歳(0歳)馬 

今年も 見てきます

会場は ノーザンホースパーク 
そう
僕が一番 馬に乗っている場所
屋内馬場が セリ会場に変身しているはず 




100度に達せずとも 
すでに暑さが堪えられない人へ 
雪景色の 珍しく屋外で乗った画像です
人は見なくていいです (笑)

投稿:福原直英 | 19:01 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録
次へ
アナマガトップ