アナマガ

話しかけたかった

でも できなかった…

恋愛なら アリでしょう

でも 取材者としては 
取材対象者にこんなことがあってはいけません 
いけません、が 

何度競馬場で トレセンで お見かけしても 
話しかけられなかった人 

浅見国一(あさみ くにいち)さん

「おっかなそう」でもあり
「何から話せばいいのかわからなく」もあり
とにかく 年上すぎて

1942年 「国営競馬」の騎手デビュー!
(まだ JRAは ない頃)
1960年 関西リーディング騎手 
その後 調教師へ

ディープインパクトの 池江泰郎 元・調教師(御年71)が
(…オルフェーヴルの 池江泰寿調教師のお父さん)
騎手時代に仕えた調教師が 浅見さん 

「レースを見ているときは『イケイケ、シイシイ』言ってればええんや」
と、人づてに聞いたことがある

イケイケ、は池江泰郎騎手
シイシイ、は四位騎手
どちらも所属騎手だったから この言葉

念のため
四位騎手は 今の四位洋文騎手ではない 
かなーり先輩の 同姓騎手である 

97年に 調教師も引退
しかし 
スポーツ紙の寄稿などもあり 
カクシャクと現場で
精力的に動いていた姿があった 
(息子さんが調教師というのもあったし)

栗東トレセンのスタンドは 3階建て
調教師席は 2階 
顔見知りの記者が詰めているのは 3階 

エレベーターなんて ないんだよ
だけど 
3階でも 目撃したもの!

ダービーの週にも 2階でお見かけした 
この時も 話しかけられなかった 

いまとなっては 悔やまれる…

近代競馬発祥 150年の今年
その半分を知る方が 
ダービーの翌週に 大往生
享年 90
合掌



投稿:福原直英 | 14:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

僕は、フェノーメノ。

レース直前に
まおみちゃんに まさに
アドリブで期待馬を聞かれ

フェノーメノ!って言い切った。

2着。
それも ハナ差

…情報は 入っていたんやで!

こう書くと まるでインサイダーだけど
そういう類ではなく
単に 陣営が
「なんとかなるはずなんだけど」
の思いを 感じたということ

運です。
岩田騎手、矢作調教師の方に
運があったんです。

と語った、フェノーメノの戸田調教師

確かに、2分半近く走って
鼻先の差しかないというのは
運ですね。

ともあれ、
僕にとって 30回目のダービーでした。
天気も上々、予想もまずまず。

まずまず?ハズレでしょ!

おっしゃるとおりです。
こんなこと言っているから
いつまでも当たんないんだけどね。

ディープブリランテ
おめでとう!


投稿:福原直英 | 18:47 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

ほぼ、定点撮影

晴れ。これから1レース。
投稿:福原直英 | 10:01 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

はい土曜日終了

風強く、曇り空。
投稿:福原直英 | 16:37 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

いい天気になりました。

ニュースで やたら
今日は運動会びより と言っていて 
うーん、そんな季節か、と思うばかりだが

5月最終の 週末と言えば
六大学野球の早慶戦
そして
日本ダービー 

運動会は、その次だ 

いま 会社で
マツオが連載を始めたという
「夕刊フジ」を眺めている

マツオは やっぱりあの馬か

そして 記者の印もチェック

かつての 夕刊フジには
大レース前日恒例の
「デメ論」というミニコーナーがあった

当時は馬連など ない
馬券は 単・複・枠連 これだけ 

1、2着馬は 果たして何枠から出ているか
過去何十年の結果を
棒グラフにして見せていたわけ

で、ダービーにおいては
「8枠がぜーんぜん出ていない」
これがはっきり見て取れて

だから1枠(白帽)から7枠(オレンジ帽)までで考えよ、と

それを覆したのが
シンボリルドルフの2着に入った
スズマッハ

もっともその頃は
24頭とかで 走っていたから
明日の16番から18番の「8枠」は
昔の6枠あたり?
気にすることはない

気にすることはない、が
近年は
1番とか、2番が かなり上位に来る傾向 

過去10年の 枠連のデメ=出目
2002 AE
2003 AF
2004 BE
2005 BC ←ディープインパクト
2006 @B
2007 AG ←ウオッカ
2008 @C
2009 @E
2010 @C
2011 @B

今年はどうですかねー

まあゆっくり考えますわ


投稿:福原直英 | 15:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

本来ならば

ダービー!ダービー!! と
毎日どころか 数時間おきにブログ更新しても 
おかしくない 一週間 

しかし愚かな私が 「スマート」になれず 
…これは相変らずですが 

だから会社のパソコンで書いてます

水曜は栗東トレセン
2番ゲートをひいた ヒストリカル
(枠順は コンピューター抽選だからね)
「レースの間隔が開いているのがどう出るか、ですね」
そのかわり調教は厳しくやりました、と
音無調教師

木曜は美浦トレセン
11番ゲートの フェノーメノ
「皐月賞の上位馬は、強いですよ」
戸田調教師は 冷静に分析
しかし馬を見れば 見事な黒光り 
そこに送り出す側の 意地を見る

「彼はスロースターター」
トーセンホマレボシの クレイグ・ウイリアムズにも
〜がんばって〜話しかけた
その後14番枠に決定
となると 内側で先手を取る馬を先に行かせ
後方追走なのか?
あるいは彼が
馬を叱咤激励しながら 無理にでも先行策?

ほかにもいろいろ
取材量も含めて
やっぱり今週は スペシャルウイーク

言い古されていようが
みんなの夢を乗せて走る 18頭なんで



投稿:福原直英 | 19:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

東京優駿 取材日記

23日 7:20AM

本日の「共同記者会見」一番手
グランデッツァの 調教師インタビューがまもなく
記者用のデスクに資料を置いて スタンバイ中 
隣に 割り込んでくる男

「僕も聞いておこうと思って」

その男こそ ただ一人
「ダービー連覇」の有資格者
池添謙一

今回が池添&グランデッツァ 初コンビ
初めての実戦が 大一番となる

調教師に隠れて いや
隠れているところを見つけてもらうために
会見2番手の自分が 会場にもぐりこんでいる図

こんな時でも 茶目っ気たっぷりに
こういうことをできるのは
やはり「一度勝っている」から?

〜いや、去年は去年、今年は今年です〜

自分の会見になると
そのあたりは キッパリ

その後 9:30AM

上のフレーズ
今年は ライバルとなった
ワールドエースに
トーセンホマレボシの 2頭で参戦する
池江調教師も 口にした

一度勝っても 常に新鮮
常に初めてのような 高揚感

きっとあるんだね

ダービーウイーク
まだ半ば




投稿:福原直英 | 19:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

特別な一週間が

始まっています。

この特別さは、金環日食とか、
スカイツリー開業とかに負けない…はずです。

月曜の朝、ある番組を見ていたら
「今週のおもな予定です」ときて、
画面には政治経済系を中心に
五つか六つの事柄が 出ていました。

その一番下。27日の欄に、
言わんとする特別イベントも ありました。

うむ、やはり。

第79回 東京優駿競走。
またの名を 日本ダービー。

レースまであと数日ありますが、
馬より先に、何人か走り出したようです。

僕も(また)新幹線に乗りました。
牝馬のように 2冠達成か?
今週もディープインパクトの仔が勝つか?

どうあれ、
特別感を 楽しもうと思っています。


投稿:福原直英 | 14:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

今日も出るか?金環日食馬券

昨日の、結果ですが。

キングストリートは ブービー。

金の馬券は ならず。

…ところが、です。

10分早くスタートした
京都競馬場の メインレース

勝ったのが
「ソリタリーキング」
父、キングカメハメハ。

あちらは来てました。

今日も続くのか?
昨日は昨日、なのか?

中継は3時からです。


投稿:福原直英 | 12:16 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

金環日食馬券出た!




初夏の日差し、一見平和な
東京競馬場

しかし…やはり…
出ていた!
あの大イベントにちなんだ馬券が

「金」これがキーワード

4レース 14頭
9番人気の プライドイズハート 勝った

どこが 金なのよ?

彼の父馬の名が
「キングオブキングス」
ご丁寧に キンが二度も!

6レース 勝ったのは
「ゴールドゼウス」
8レースでは
「ゴールドカルラ」が 1着

このあとメインレースで
キングカメハメハ の子
「キングストリート」が勝つようなことがあれば

わたしは、
わたしは、
明日のオークスで

キングカメハメハの娘 か
祖父キングマンボ の馬に絞って
馬券を買いたいと思っとります。
投稿:福原直英 | 14:48 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録
次へ
アナマガトップ