アナマガ

幸運の白馬

滋賀県・信楽。
タヌキの置物が沿道に見られる土地柄です。


ここにサラブレッド調教の最前線基地が完成しました。
ノーザンファームしがらき。

知っている人は知っている…
トーセンレーヴもいますが。

写真の馬はホワイトベッセル。
生まれたときから真っ白。
これが、白毛馬。

オグリキャップは違います。芦毛(あしげ)。
生まれたときは黒っぽくて、徐々に白っぽくなりました。

白毛は
ちょ〜レアな一種の突然変異。何かレアないいことありそう!

とくと御覧あれ。
投稿:福原直英 | 22:46 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

騎手として生きて…

と、いうタイトルでのトークショー
@立川。
400人が訪れました。

勝ちたてホヤホヤの武豊騎手と聞き手のワタクシ。

次は先頭でゴールするぞ〜
って意気込んでいます。

その時はゴール写真も、ね
(^_-)
投稿:福原直英 | 17:26 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

「持ってる人」松尾

ジャパンカップ…


武豊騎手は今年中央競馬初G1タイトルです。
すごいね。
23年連続してG1勝ってるんですから。



あやかって…松尾。
…持たせていただきました。栄えあるゼッケン。
投稿:福原直英 | 17:44 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

再会したよ

ブログのフロントページの
ツーショットお相手

シンボリルドルフが東京競馬場に来ました。


すごいお客さんです。


表紙の写真は牧場でのもの。
でも…やはり競馬場が似合うなあ。
投稿:福原直英 | 13:28 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

コラ〜〜ッ

スタジオの備品を、みだりにイジってはいけません。

かわいいぬいぐるみでも、です。


佐野さん…このメンバーで一番年長ですよね。
一番イジらないはずの人、ですよね。

なのに…

犬の親子をイジるなーッ!




ともあれ、今朝も和やかに終了しました。
あ、佐野山崎ペアは「めざどメガ」もがんばってください。




投稿:福原直英 | 09:30 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

ジャパンカップ 馬券売り出してるよ

一年のうち、いくつかの大レースは「前々日発売」っていって、
前日=土曜日どころか金曜の夕方から馬券を売るのです。

今、JRAのホームページでオッズ(倍率)を見てみたら。

ブエナビスタ(牝馬4歳)断然の一番人気ですよ。
単勝1.4倍。
2番人気は、前回の天皇賞でブエナビスタに詰めよった…
ペルーサ(オス3歳) 11.1倍。

かなり差がありますね〜


海外からの参戦馬は、(笑)ってつけたくなるくらい人気がありません。
何か一頭くらいは飛んできそうな(=馬券に絡みそうな)気がするんですが。

とはいえ、今年の日本勢はかなり層が厚い。今日のうちに馬券を買った人の傾向が、
正しいのかもしれません。

僕は日曜の3時過ぎに結論を出します。
決断を先延ばしするタイプですみません。だってパドック派なんだもん。

と、明日の「めざましどようび」と両にらみで過ごすフライデーナイト。
これ、いつものこと。

みなさんは素敵な夜をお過ごしください。



投稿:福原直英 | 22:02 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

久々のチョータイ

いまから

ジャパンカップの
ウェルカムパーティはじまります。


パートナーの美女は
イザベルさん。

英仏訳してくれます。


僕は日本語担当で…
投稿:福原直英 | 19:13 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

オンとオフ

ジャパンカップに向けての調教を終えたナカヤマフェスタです。

今朝も走りだすのをいやがってスタッフを困らせましたが…

走りだすと速いのなんの。

そして走り終わったら…


のんびりした表情です。
投稿:福原直英 | 08:22 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

うまそ〜

携帯電話のカメラ機能もすごいですね〜

↑時代遅れのコメント?


見事に煙も撮れたのがうれしい
ヽ(´▽`)/



美浦なう。
投稿:福原直英 | 19:10 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録

JCウイークなのです。

かつて日本の競馬サークルが夢に見た…
「ジャパンカップ」が授与されるレースが、今週末に行われます。


かつて、た…と過去形ふうに書いたのは、日本の馬が強くなっているから。
草創期は、そりゃコテンパンにやられてました。
でもね、

昭和58年(第3回)、キョウエイプロミス、ケガをしながらも猛追の2着。日本馬の初連対。

昭和59年、カツラギエース人気薄を利しての逃げ切り。これが日本馬の初勝利。

昭和60年、シンボリルドルフ勝利&地方競馬から参戦のロッキータイガー2着。これが日本馬の
        初ワンツーフィニッシュ。

…この3年間を想像してみると、日本のホースマンの興奮が伝わってきませんか?


今年は、第30回。
どんなレースになるかなあ。


僕は各馬の調整具合を見に、茨城は美浦に向かいます。
関東馬今年は調子いいですからね、注目してみます。





投稿:福原直英 | 00:15 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) RSSリーダーに登録
次へ
アナマガトップ