--TOP画面用テンプレート--

やればできる!からの教訓


今朝、寝坊した。


誰が?


私が。




娘を5:55に起こすため、私はそれより一足先に起きるつもりが…………






6:27!!




やってもうた!



いつもは何度声をかけてもピクリとも動かない娘も

「ママ、お寝坊しちゃった!大変起きて!」

の非常アナウンスには反応してくれるもので

すぐさま飛び起き、トイレに直行。


その後の着替えの 早いこと早いこと。




…………うーむ、そのスピードでできるなら

いつもそれでお願いしたい。




そこからいつもより少量の朝ごはんをバクバク〜っと頬張り、

味わうことなく水もガブ飲みし


ササッと身支度していつもより1〜2分早く出ていった。


布団を出てからわずか13分で「行ってきます」。






や、やればできるんだね。







これをもとに、今日の反省を二つ。


目覚まし時計を止めた後、布団でウツラウツラは危険と知りつつやってしまった私自身に反省。


そしてもう一つは、子供にもちゃんと目覚まし時計を掛けさせて
自分のことは自分で管理するという「自立」の促しが足りないことに猛省。


娘の目覚まし時計は入学と共に買ってあげたものの、どんなに長時間鳴り続けても無反応な娘にしびれを切らし


結局私が止めたり、逆に息子が起きてしまったりで
最近は娘の目覚まし時計をかけていませんでした。



頼りにならないママの方が、子供が育つ局面もあるよね。


色々期待して
早速今晩からミニ改善してみますわ。




みきママと笠原さんと。

先日

おうち料理研究家のみきママさんと

ノンストップ!」の料理コーナーでもおなじみ
「賛否両論」店主 笠原将弘さんと

雑誌 ESSEのイベントでご一緒させていただきました。


みきママさんは初めてお目にかかりましたが
テレビで拝見するそのままの
超元気印なかわいいママさん。

ご家族が大好きで
とっても一生懸命に生きてらっしゃる姿が

言葉の端々から伝わってきます☆


最近マンネリだったうちの献立に新しい風を吹かせたくて
イベントの前後にたくさん材料を買い込んで

みきママのレシピで何品か作ってみした!

初めて作るレシピって、
レシピとレンジの間を
計量スプーン持って自信なげに
うろつくので
なんだか笑える図です。

しかし、どれも化学の実験や工作をやっている雰囲気で
作っている方も何だか楽しい!(*'▽'*)

子供たちも食卓に並ぶいつもと違ったお料理に興味津々。

子供ウケがいいとママも気分いぃ〜ですね。
作るモチベーションが上がります。


中でも、「原始人のお肉」というお料理は
見た目もとってもファンキー☆
子供たちもそれはそれは大騒ぎ。

見た目通り、かぶりつこうとしていましたからね〜。
ツッコミはもちろん「原始人か!?」で決まりです。笑

骨に見立てたのは、ゴボウなんですってー。
考えましたね。

味も自分で作ったことのないケバブ風テイストが出せてビックリしました。

私、やるー!みたいな。。。
すごいのは考案したみきママですけどね。

今夜も帰ってからみきママのレシピで一つお肉料理を作る予定です☆



一方の笠原先生とは少々のお久しぶり。

予約の取れないお店で知られる先生のお店。

過去に一度お邪魔させていただいてから
かれこれ10年近く。

この日は
秋ならではのレシピで
キノコと柿の白和え

イカの肝バター炒め
を目の前で作ってくださいました。

会場中に得も言われぬ肝バター醤油の香りが立ち込め、
会場からため息がもれました。

イカの肝を使ったお料理って、
なんかプロ感たっぷりで
自分ではできなさそう……と思っていましたが

結構、バサッとフライパン
入れてガシャガシャ炒めるだけなのを見て
「私でもできそうー!」
これぞ、笠原マジック!?
ESSE 10月号に掲載されています。よろしければお試しを。


笠原先生に最後にお料理のポイントを一言いただこうと事前に相談したら

「正直、料理はポイントだらけで、ポイントしかないといっていいですよねー」と。
ですよねー。

私も毎日料理してるから
そんな気がしてましたが、
やはり。

そんな中でも「あまりレシピに忠実にやろうとし過ぎないで!」と忠告いただきました。

初めて作るときは陥りがちな
“○分焼く”的なものは
あくまで目安にして、
焦げはじめたらそこで火からあげて、と。

初めてのお料理も“いい匙加減”をもってやるのがよいみたいですね。

どちらかというと、キッチリが苦手な私にゃ、やる気を削がないありがた〜いお言葉。

楽しい秋の1日でした。






ついに!


今日!
発売になりました(^-^)
「フジテレビ 女性アナウンサーカレンダー 2018」


後輩アナちゃんたちの
かわいぃ写真がいーっぱい。

味で言うなら甘酸っぱいかんじ!?

プロデューサーとして頑張った新美ちゃんが

出来たてホヤホヤのカレンダーを
出演してくれた女性アナのデスクに置く姿が

自分の子供を世に出すシンキョーだろうなぁ。
なんて見てました。
おっとこれは三田ちゃんデスク。
三田ちゃんも中身でキラキラ輝いてますよ。


是非書店などでご購入下さい



次へ
アナマガトップ