--TOP画面用テンプレート--

白鵬関 V33


横綱 白鵬関、歴代最多の33回目の優勝
おめでとうございます!
本当にすごいことですね。


「早々と初場所で決めたい」と語っていたその言葉通り、
更に、誰も追いつけないものにするような
11回目の全勝優勝(歴代1位を独走中)をもプラスしてしまうあたり、
有言実行を上回るものがあります。


先日、白鵬関に1時間、
じっくりインタビューをさせて頂きました。


色々なメディアで見聞きしていた白鵬関のイメージは、昔話に出てくる金太郎そのもの。

人格者で、気は優しくて力持ち。


実際は、歴史が好きで
とても勉強熱心。

自分の勘定だけで生きていない、
人を大切にする、想像以上に素敵な方でした。



昨秋に大鵬関の持つ
優勝回数32回の記録に並び、
今後は前人未到の領域に足を踏み入れることについて、そのインタビューで

「みんなにその瞬間を見てもらい、
一緒に歴史の証人になって欲しい」と彼は語りました。


歴史の証人。


一生懸命生きていても漫然と生活していても一様に過ぎていく日々は
未来から見れば全て過去。

意識を高く持っていようがいまいが、
過ぎて行った日々は全て
”歴史の一部”なのだと、
この時の横綱のコメントにハッとさせられた私。


横綱の言葉選びは、こんな感じでなかなか素敵なのです。

昨日の優勝インタビューでも
奥様が横綱昇進時に教えてくれた言葉についてお話ししていましたが、
言葉選びの裏側には
奥様の存在があるのかもしれませんね。



そうそう。
インタビューの際に伺った「夢」の話もとても興味深かったので
ご紹介させていただきます。


白鵬関は当初、モンゴル相撲の横綱であるお父様と
初の親子横綱を叶えるべく
「日本相撲界で横綱になる」夢を抱いていたそうです。

でも、初土俵を踏んでからわずか6年あまり、
今から8年前に既にその夢を果たしてしまったのです!


そこで横綱が思ったのは、
「夢は複数持っていなくちゃダメだ」ということだったそう。

普通、夢はなかなか叶わないものなのにねぇ……。
すごい方です。


そして、自分は特別だということも前置きした上で、
「叶わなくてもよいから、夢を持つことが大切」と
熱弁。

その白い肌から湯気が出ているように熱が伝わってきて、
私もいくつになっても夢に向かって邁進する勇気と心を持ち続けられる人でありたいと思いました。



ご本人は、「白鵬はこれ以上相撲は上手くならない」と言い切ります。
一聴すると寂しくなるような、自暴自棄にも聞こえるようなセリフですが、
それだけ稽古を積んできた人にしか言えないセリフだともとれます。

その横綱が今目指している夢は
双葉山関の持っている69連勝という記録の更新。


白鵬関のおかげで「歴史の証人」となれた私たち。
次の横綱の夢も、みんなで応援したいですね。


長い間大きなケガもなく綱を張っていられる丈夫な身体に生んでくれた両親に感謝していたのも
非常に印象的でした。


白鵬関も出場する大相撲トーナメントは2月8日(日)に国技館で行われます。

私も子供と応援しに行こうかな。

長い文章、読んで下さりありがとう

ジェラシー

5歳を目前にして、うちの姫も淡い恋心が芽生えたらしく
「幼稚園の○○君がかっこいい」などと言い始めました。

自分の幼少期を振り返っても、
この時期の女の子ならごく普通のこと。


これまで
「パパと結婚するー」
なーんて甘い言葉をかけられ、
鵜呑みにしていたパパの失望に溢れた目といったら……。
悲しみのみ漂う、打ちひしがれた目をしているわけです。


恭子ちゃんちの息子ちゃんが、
妹ちゃんの好きな子にジェラシー燃やすのと訳が違うでしょ!
あーた、いくつなの!?
と突っ込みたくなります。

本当にすねくりかえり
まことにたちが悪いパパ。


「微笑ましいねぇ」
なんて心にゆとりを持って俯瞰で見られるようになるには、
きっと来世の来世の、そのまた来世くらいにならないと無理だと思います。


本当にお嫁に行く時はどうなってしまうのやら。
今から心配。


そして迎えたお正月。

私と娘、連名で来た年賀状に映る
○○君の七五三の写真を
うっとり眺めている娘が一言。


「ねぇ、ママ−。
○○君と△△君、どっちと結婚するのがいいと思う〜?」

え!?△△君も好きなの?
これはママも初耳。

「あのさー、パパが聞いたら泣いちゃうから、
その話しはパパには内緒にしておいてあげてね」

こうして、今年最初の女子だけの秘密事項が誕生しました。


今年はいくつ女子だけの秘密が増えるのか、
ちょっと楽しみ。


それもこれも、パパをがっかりさせないための優しさだよ。
知らぬが仏。
愛情、愛情。


恭子ちゃんのブログタイトル、パクって可愛くない方の嫉妬ネタで追随してみました(笑)。

百八つ


あけましておめでとうございます。


2014年大晦日、除夜の鐘をつきにいきました。

4歳の娘もとても楽しみにしていたので、
がんばって一緒に行きました。


夜中の、シーンとした冷え切った空気の中をテクテク。
愛犬ピピも抱っこされて、テクテク。
ようは、歩いてません(笑)
相変わらず甘やかされています。


道中、鐘の音が聞こえてきて
ボルテージが上がります。


旧友のご実家のお寺さんに毎年お世話になっていて、我が家では恒例の行事。


ゴォォォ〜ン


心にも身体中にも鐘の音が響き渡り、しみ入るよう。

心地よい音色。

身体も鐘と一緒にちょっと震えているかと思う程大きな音でした。



普段何気なくスルーしている事柄を、
簡単な言葉だけを用いて子供に説明するのって
結構難しいんですよね。

百八つの煩悩とか。


言葉を操る職業のアナウンサーですが、
なかなか上手く説明できませんわ(笑)。


新しい年を迎え、気持ちも新たに、
どうぞ今年もよろしくお願いします。

アナマガトップ