RECENT ENTRY
BACK NUMBER
COMMENT
2012年04月25日
『黒蜥蜴』 ≪製作発表レポート≫

美しき女怪盗・黒蜥蜴と名探偵・明智小五郎が織りなすロマンティック・サスペンス
『黒蜥蜴(くろとかげ)』の製作発表がありましたので、行ってきました

江戸川乱歩の推理小説の傑作「黒蜥蜴」明治座版としてお届け。
黒蜥蜴に浅野ゆう子さん、明智小五郎に加藤雅也さん
そして共演に鷲尾真知子さん、渡辺哲さん、賀集利樹さん、
林丹丹さん
と、豪華キャスト陣

※以下の写真はクリックすると拡大します。

今回の製作発表で、浅野ゆう子さんは
実際に舞台でも使用されるドレス
身に纏い、さらに、この日は特別に、
トータルで2億2千万以上となるアクセサリー
をつけてのご登壇こちらは実際には使用しませんが、
舞台で使用するアクセサリーも一点一点、
とても凝ったものになっているそうですので、注目です


そして、出演者の皆さんからコメントもいただきました

浅野ゆうこさん

歴代、いろんな方が演じていて、
うまく私なりにできるか不安でしたが、
「新しい浅野ゆう子の黒蜥蜴を作ります」と
脚本家・演出家・明治座の方から言って頂き、
素晴らしい作品をお届けできたらと思っています。




加藤雅也さん

舞台歴は4年ぐらいしかないのに本当に僕で良いのか、
明智は憧れていたキャラクターなので嬉しくもあったが、
お受けした後になって不安が増しています。
僕なりの明智を演じて、新しいものを作り、
浅野さんとの対決を毎日楽しみたいと思います。




鷲尾真知子さん

この舞台の昭和初期という時代は、役者として憧れる時代。
大先輩の女優さんが居て、女として、人として、役者としての
生き方など、色々と教えてくれました。
この時代の女性は、芯の通った、潔い女性であり、
綺麗な台詞も多いので、丁寧に演じたいと思います。






渡辺哲さん

鷲尾さんがおっしゃったように、言葉が美しいものが多いので、
美しく喋って演じたいと思います。





賀集利樹さん

大劇場、そして明治座創業140周年という記念すべき舞台で、
とても嬉しい反面、不安もありますが、
全身全霊で演じていきたいと思います。






林丹丹さん

初舞台で、このような素晴らしいキャストの皆さんと
演じれるのはとても嬉しいです。
頑張りたいと思います。



女怪盗と名探偵という敵対する関係の2人が、
火花を散らしながらも次第に心の中のどこかで惹かれあう…。
舞台上で繰り広げられるドラマティックな大人の恋愛劇にも注目です

『黒蜥蜴』は、6/1(金)〜24(日) 明治座にて上演
チケットは予約受付中となっております

【『黒蜥蜴』の詳細はコチラ】
at 18:00 | この記事のURL | コメント(0) | ステージ RSSリーダーに登録
2012年04月25日
オープン40日目で、入場者30万人を突破!『ツタンカーメン展』

現在、大阪天保山特設ギャラリーにて開催中の
『ツタンカーメン展 〜黄金の秘宝と少年王の真実〜』ですが、
本日、オープン40日で、入場者30万人を突破しました
連日多数のお客様にご来場いただいており、ありがとうございます

現在、開館時間を延長してますが、
会場の混雑も予想されますので、時間に余裕をもってお越しくださいね

オフィシャルサイトでは、オリジナルプレゼントをゲットできる、
イマつぶ探検隊”がOPENしましたので、ぜひ、遊んでみてくださいね


==============================
ツタンカーメン展 大阪会場
6/3(日)まで開催中!
<平日>9:30〜18:00(最終入場17:00)
<土日祝>9:00〜19:00(最終入場18:00)
※4月28日(土)〜5月6日(日)ゴールデンウィーク期間 9:00〜19:00(最終入場18:00)
会場:大阪天保山特設ギャラリー(旧・サントリーミュージアム、海遊館となり)

ツタンカーメン展 東京会場
2012.8/4(土)〜12/9(日)
10:00〜18:00(最終入場17:00)
会場:上野の森美術館
※5/11(金)まで、おトクな特割チケットを販売中!
==============================

オフィシャルサイト
http://kingtut.jp/



at 14:55 | この記事のURL | コメント(0) | アート&アザー RSSリーダーに登録
2012年04月25日
★展示内容紹介★『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展』

現在、東京オペラシティ アートギャラリーにて好評開催中
『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展』
スタートから、2週間ほど経ちましたが、皆さんもうご覧になりました

今回は、まだご覧になっていない方の為にも、
展示内容をちょっぴりご紹介します

この個展を通して、アートって言葉に、もっと別の意味をもたらせたらいいなと思う。
アートって特別なものじゃなく、型にはまらず、気取らず、
みんながすっと入っていきやすい、気軽なものであるべきだと思う。
日本開催が実現できてうれしいし、ぜひ多くの方に楽しんでもらいたい。
-BEAT TAKESHI KITANO-

とビートたけしさんが語っているように、
ほんとに老若男女問わず楽しめる展覧会です

例えば・・・

日本ではすでにこのような養殖が始まっている。
バイオの恐ろしさ・・・
(コメント:「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」公式カタログより)


発見!旧日本軍秘密兵器
計画図面大量発見!
(コメント:「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」公式カタログより)

などは、クスッと笑える発想力に脱帽

そして、こちらの動物花器は、
ビートたけしさんが描かれた絵を元に制作された花瓶も展示されているんですが、
可愛くて癒されます


笑えたり、癒されたり、感心したりと、いろんな視点からアートを体感できる
「BEAT TAKESHI KITANO」ワールドを、
ぜひ、堪能してみてください

【『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展』
 の詳細はコチラ】


at 12:00 | この記事のURL | コメント(0) | アート&アザー RSSリーダーに登録
前へ  次へ
ページトップへ