<前へ | 次へ>


カボチャブラウニー

[ 2010年10月29日 ]




ハロウィンシリーズ第2弾です。
オレンジと黒の組み合わせは、ハロウィンカラー。
この時季なら、もちろんこの色合いで。


お菓子をつくるのに燃える半分、
運動会や遠足の行事で忙しいのもこの時季・・・。
というワケ(?)で、炊飯器で簡単プラウニーをつくりました。


スイッチ入れたらほったらかしでOK。
ホットケーキミックスなら、失敗なしでワンボウルでできます。

手軽さ故の余力と時間で、カボチャクリームもつくりました♪


***カボチャブラウニー

材料(5合炊き炊飯器1台分)  
ブラウニー生地
 Aホットケーキミックス…100g
  ココアパウダー…大さじ1
 カボチャ…200g
 板チョコレート(ミルク)…60g
 バター…50g
 B卵…2個
  砂糖、牛乳…各大さじ1
カボチャクリーム
 カボチャ…200g
 はちみつ…大さじ1
 牛乳…大さじ1
ミントの葉(あれば)…少し


つくり方
@カボチャはすべて種とワタを除いて1cm角に切り、
耐熱容器に入れてふんわりとラップをし、電子レンジ
(600W)で3分加熱する。別の耐熱容器に手で細かく
割った板チョコレート、バターを入れ、湯せんにかけ
て溶かす。
Aブラウニー生地をつくる。ボウルに@のチョコレー
ト、Bを加えて泡立て器で混ぜる。Aを合わせてふる
い入れ、ゴムベラで切るように混ぜる。
B粉気がなくなったら、@のカボチャの半量を加えて
ゴムベラでざっと混ぜる。炊飯器に流し入れ、白米普
通炊きモードで炊飯スイッチを押す。
Cカボチャクリームをつくる。残りのカボチャは皮をむ
いてはちみつを加え、ザルなどで裏ごしする。牛乳を
加え、モンブラン用の口金をつけた絞り袋に入れる。
DBが炊き上がったら取り出して冷まし、放射線状に
8等分に切る。Cのクリームをモンブラン風に絞り出し、
ミントの葉をのせる。
 

 





Point
カボチャクリームが絞り出しにくいときは、
いったんボウルに戻し、牛乳を少しずつ
加え混ぜて調整します



★★★YOMEのスタイリングPoint★★★

黒とオレンジ。
この組み合わせは、ハロウィンらしい
スタイリングにも使えます。

大きなテーブルクロスがなくても、ハギレなどを
組み合わせてつくったコースターでも演出効果抜群♪
 

あとは、自分も仮装しちゃえば、バッチリ(!?)
皆様、楽しいハロウィンをお過ごしください♪




  

<前へ | 次へ>