--TOP画面用テンプレート--

駆ける女

「は!」




『タタタタタタタタッ!!!』





「び、美女図鑑 THE MOVIEU、本日配信です!!!はぁっはぁっ…」








----
【美女図鑑 THE MOVIE II】はこちらへ →

 



続続・平井大捜査線〜事件は会議室で起きた〜


※前々話はコチラ※

※前話はコチラ※







NO エナミ,NO LIFE―

これが、平井の口癖だった。

「不出来な子ほど可愛い」とはよく言ったもので、

平井は、不出来な榎並をとても可愛がっていたのだ。


そんな榎並を残して、慣れ親しんだ台場を去る。

目の前にかかる大橋の向こうに、新しい生活が待っている。

その橋を目前にして、平井の心はマリッジブルーの海を漂っていた。 








平井の涙に全てを悟った榎並。

しかし、かける言葉が見つからず、苛立ちを募らせる。


榎並 「レインボーブリッジ…」


握った拳がワナワナと震え、みるみる充血していく。




榎並 「レインボーブリッジ…封鎖できません…!」



その時だった。





平井 「えーなみっ♪」








榎並 「……へ?」 




おもむろに榎並が振り返ると… 









平井 「わたし…会社辞めるの、やーめたっ!」





榎並 「え!?」 



平井 「そんな榎並じゃ、まだまだ心配だから…」




榎並 「ひ、平井さぁーん!!!」 



平井 「ふふふ…」 











榎並 「はうあっ!」 




いつの間にか、パソコンに向かいながら榎並は眠りに落ちていた。 




画面には、書き途中の妄想話が。





榎並 「…全部、夢か。」 



つぶやく榎並。 



榎並 「どうせ夢なら…せめてもう少しだけ…続き見せてくれよな…。」 



切なさが滴となって、キーボードを濡らす。 



榎並 「嘆いたって…後の祭りか…。」 


























「えーなみっ♪」 


























甘く透き通った声がアナウンス室に響きわたる。 





榎並 「まさ…か…」 













平井 「えーなみっ♪」




榎並 「平井…さん…?」 


平井 「もう、やっと起きたー!」 


榎並 「これも…夢…?」 


平井 「夢なんかじゃないよ?ねぼすけさん♪」 





榎並 「夢じゃ…ないんだ…」 


平井 「ふふふ。それにしても…」



にわかに顔をしかめる平井。



平井 「『後の祭り』なんて後ろ向きな言葉、榎並らしくないよ?」 


榎並 「だって…もう平井さんに会えないと思ったから…」 


平井 「お祭りは、これからだよ…」 


榎並 「へ…?」 














平井 「リオのカーニバルの、幕開けだよ♪」




榎並 「ひ、ひらいさぁーーーん!!!」 

















平井 「えー、この画像30枚超の長すぎるブログは、
    ぜーんぶ榎並くんの妄想です!失礼致しました…。
    そして、アナマガをご覧の皆さま。今までお世話になりました!
    私は、9月末をもって退社致しました。
    アナマガでは、本当に楽しくお仕事をさせて頂きました。
    皆さまにその楽しさを少しでもお伝えできたなら嬉しいです。
    本当に本当に、ありがとうございました♪」



※この話は榎並のしがない妄想である。
※長文失礼致しました。平井さん、末永くお幸せに! 



‐‐‐‐
【美女図鑑 THE MOVIE U】はこちらへ→



アナマガトップ