ファンミーティング!
“『大貧乏』スペシャル・ファンミーティングatフラワーバレンタイン”が、2月10日金曜日に六本木ヒルズで行われました。
出演は、伊藤淳史さん、成田凌さん、神山智洋さんという3人の男性陣。梅津弥英子アナウンサーの司会で、華々しくスタートです。
伊藤さん、成田さん、神山さん(以下敬称略)は現場での楽しいエピソードから…。
伊藤「慣れて来たんでしょうね。それまで敬語だった凌くんが、いきなり“楽器何やってんの?”って、聞いてきて(笑)。急に距離を縮めて来たな?と。最近の衝撃的なエピソードです(笑)」
成田「僕も衝撃的過ぎて…。その後の、本番中はその反省しか出来ませんでした。伊藤さんのキャラクターに、そうなってしまうことが多々…」
伊藤「ないよ!(笑)。あと、事務所の椅子に座っているシーンで、カメラの位置で僕の位置も変わるんですけど、普通“もう少し右に…”とか指示が来るんです。だけど、僕は女性の助監督に椅子ごと動かされちゃう(笑)」
神山「可愛いですよ、ホントに!」
伊藤「なんだよ、嬉しくないよ!(笑)」
神山「メッチャ褒めてます!」
伊藤「こういうね。ちょいちょい、関西弁入れてくるのがずるいよね」
成田「魅力的ですよね」
神山「関西弁講座もやってますよね!」
伊藤「僕の椅子を動かす助監督も関西の方なので、関西弁がちょっとブームになってるんです」
梅津「どんなことをするんですか?」
神山「なんでやねん! の、やり方をずっと教えます(笑)」
伊藤「あと、何してんねん! 何にも関係ないのに、ずっと言ってたり(笑)」
神山「僕がメイクしてると、後ろから聞こえるんですよ。で、“今のどや?”って(笑)。なので、ちょっとちゃいまっせ! みたいな?(笑)」
成田「僕たちには違いが分からないんですよね(笑)」
ほかにも、新幹線で移動中の神山さんに、伊藤さん成田さんが仕掛けたイタズラ話などで、会場は爆笑の渦となりました。
主演の小雪さんについては…。
伊藤「知識が豊富な方ですね。何かひとつ聞くと、それについて10ぐらいのお話をして下さるんです」
会場のみなさん「へぇー」
成田「いつも僕たちがそのリアクションをしてるんですよ(笑)」
伊藤「本番直前までお話しして下さるんです」
成田「そして、すぐにシリアスな芝居をなさるから…僕なんて、ついていけないぐらいです」
小雪さんは、手作りのお弁当や料理を持ってきて下さったりもするそうです。
さて、気になるこれからのドラマのお話…第6話は…。
伊藤「少しずつ確実に、キャラクター同士の素敵な関係性が展開する台本になっています。12日の6話はバレンタインデーも近いということで、それを含めたラブコメっぽいところが面白いです。神山くんも活躍してますよ」
神山「6話は、僕、エンジン全開でいってます!」
成田「暴れてるよね!(笑)」
どんなエピソードなのでしょう? 楽しみですね!
 
ミーティングのラストは、伊藤さんたちがそれぞれに12本の花を選んでブーケを作るフラワーバレンタイン対決! 花を選んでいるところは見せずに、出来たブーケをお客様に審査して頂いた結果…。
1位、神山さん!
2位、成田さん!
3位、伊藤さん!

となりました。
神山さんは、見た目と淡い色合いを重視して花を選んだそうですが、みなさん、それぞれに個性ある素敵なブーケになりました!
バレンタインデーまであとわずか!
その前に『大貧乏』第6話2月12日日曜放送も、忘れずにご覧下さい!
※フラワーバレンタインは、“男性から女性に花を贈る2月14日”、“世界でいちばん花を贈る日”をキャッチフレーズに、一般社団法人「花の国日本協議会」が活動の中心となり、全国約8500店のフラワーショップが参加する大型キャンペーンです。
 
<<前のページへ   次のページへ>>