最終回まで待てない!!
9月22日月曜
『HERO』
最終回!
夜まで待てない、あなたのために、
出演者のみなさんが、番組に登場します。

9月22日月曜
午後1時〜
『ごきげんよう』
出演:吉田羊さん

午後3時50分〜
『HERO』第10話再放送

夜7時〜
『草g剛の第22回がんばった大賞』
出演:木村拓哉さん、北川景子さん、
杉本哲太さん、正名僕蔵さん、吉田羊さん、
八嶋智人さん、小日向文世さん、角野卓造さん


さらに!!
夜8時59分から,
『HERO』最終回カウントダウンが始まります!
どんなカウントダウンとなるのか?
お楽しみに!
22日は早めにテレビの前でご準備を!

※番組はフジテレビの放送予定です。フジテレビ以外のテレビ局でご視聴の場合、ご覧いただけない場合がございます。また、急遽番組が変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
『道徳教育×HERO』タイアップイベント
小杉警備員として人気急上昇中!
勝矢、九段小学校に行く!



『HERO』が、文部科学省の道徳教育に対する理解・普及を図る活動とタイアップを始めて約2ヶ月が経ちました。
主人公、久利生公平(木村拓哉)はドラマ初回から一貫して、疑問を持った点については自分の足で現場に向かい、自分の目で見て様々な人たちの話に耳を傾けています。
今回、タイアップイベントでは『HERO』第5話(8月11日(月)放送)の物語を題材として、ドラマ出演者を招き、子供たちとともに「働くとはどういうことか?」をテーマに道徳の授業を行いました。
第5話で扱われる事件の第一目撃者は小学校5年生。そこで、九段小学校の5年2組の道徳の授業に小杉警備員役の勝矢さんが参加したのです。
子供だけでなく保護者のみなさんも参加し、親子で道徳授業に参加する貴重な機会となりました。
警備員姿の勝矢さんが担任の牧田先生に迎えられて登場すると、子供たちは大きな拍手。
第5話のダイジェスト版を見ながら子どもたちは大いに楽しんでいる様子。川尻部長(松重豊)が子供から証言を得るのに苦労し、すっかり自信を失ってしまう様子。その後、子供を前にして堂々と自分の言葉で検事というお仕事について語る川尻部長の様子を見ながら、子供たちは働くことについて大いに語り合いました。
先生の「この時の川尻部長の気持ちはどうだと思いますか?」などという質問に、「はい!はい!」と37人の子供たちが争うように手を挙げます。活発な様子に勝矢さんも目を細めていました。


質問によっては、グループディスカッションという形で子供たちに登場人物の気持ちを考えることを話し合わせることも。勝矢さんも参加して、「川尻部長ってまじめだもんね」、「あの顔は怖かったよね」などと子供たちに話しかけ、ディスカッションはさらに盛り上がりを見せました。「僕の考えは」「私はその時」など途切れることなく続く子供たちの会話は、『HERO』という作品が「働く」というテーマを考えさせる大きなきっかけとなったことでしょう。
身近なところで働くことのすばらしさを感じた経験をたずねられると、ある子供は「検察官の仕事をしたいと思っていたので、テレビを見て、理由や事実を調べていくことを仕事としているところを見て、すばらしいと思いました」。
先生自身の「みなさんがこれから夢を追いかけるためにがんばって欲しいことができるよう、仕事をしています」といった発言もあり、子供たちは目をキラキラさせていました。

勝矢さんは子供たちとの交流を終えると、
「(僕は)みなさんと同じ年の時はサッカーのことしか考えていなかったですね。みんな活発に手を挙げてどんどん話していて素晴らしかったです。話している内にいろいろと考えがまとまってくると思うので、こういう授業はすごく良いと思います」
と、子供たちの姿に感銘を受けた様子。さらに、
「将来はやりたくないこともやらなければならないこともあります。そんな時も、楽しく過ごす努力をしてほしいと思います」
という、まっすぐなメッセージを子供たちは満面の笑みで受けとめていました。

授業を終えたところで、勝矢さんから最終回に向けたコメントもいただきました。
「久利生公平のあきらめない姿に感化され城西支部全員ががんばっていますので、ぜひ見ていただきたいです。そんな姿をご覧いただいたみなさんにも、今いる“輪”から一歩踏み出してみていただけたら」
いよいよ『HERO』もあと2話を残すばかり。果たして『HERO』は毎週期待して待っている子供たちをはじめ、視聴者のみなさんに、どのようなエンディングを届けるのか? 乞うご期待!!
再放送中!
現在放送中の『HERO』が、
今週月曜日から、フジテレビで再放送中!
本日からの放送予定は、
10日(水)午後3時50分から『第2話』
11日(木)午後3時50分から『第3話』
12日(金)午後3時50分から『第4話』
15日(月)午後3時50分から『第5話』
16日(火)午後3時50分から『第6話』
17日(水)午後3時50分から『第7話』
18日(木)午後3時50分から『第8話』
19日(金)午後3時50分から『第9話』
22日(月)午後3時50分から『第10話』


そして、22日月曜夜9時からの
『HERO』最終回は、30分拡大、夜9時〜10時24分放送です!

※再放送は、フジテレビの放送予定です。他のテレビ局でご試聴のみなさんは、ご覧いただけない場合もございますので、予めご了承ください。
















 
クランクアップ!!
最終回まで、残りわずかとなりましたが、
『HERO』の撮影は、無事にオールアップしました!
出演者の方々のクランクアップコメントをお届けします。

木村拓哉さん
「城西支部のみんなは、一緒の時間を過ごせば過ごすほど強固な仲になってきているので、最終回でもそんなチームワークが発揮されるはずです。同じ方向を向いてがんばるみんなをぜひ見てください!」

北川景子さん
「毎日毎日が楽しくて夢のようでした。ドラマというのはここにいる方お一人誰が欠けてもできないということが分かりました。ドラマオンエア後から反響があり、テレビドラマが人々に与える力を感じられて本当に夢のようでした」

杉本哲太さん
「 顔合わせの時、“遅刻とNGを出さないようにします”とお話ししましたが、出演者の中ではNGが一番でした。が! また機会があったらNGゼロで! どうも皆さんありがとうございました!」


濱田岳さん
「『HERO』に出させてもらってとても嬉しかったし、 最初はとても緊張しました。 だけどバディが末次さんで、僕ら若い世代が慕う名優、小日向さんとコンビが組めるってのはとても嬉しいことで、 小日向さんのおかげで緊張が解けるっていうのもありまして、本当に幸せな1クールでした。ありがとうございました」


正名僕蔵さん
「終わっちゃいました。残念です。終わりたくないです。毎日がお祭りのようで楽しかったんですが、ひとつ悔いがあるとすれば、羊さんとサシで飲んでみたかったんですけれども、お誘いする勇気がなくて…(笑)。馬場検事と検事部屋から出てくる前に、二人でスタンバってたときのコソコソ話は、私の大切な宝物でございます。ありがとうございました!」


吉田羊さん
「出演者が口をそろえて“幸せだった”という現場、スタッフさん全員がこんなにニコニコしている現場って、そうないんじゃないかと思います。私自身も本当に幸せで、人生でこの時間が一番幸せだったと言い切れるぐらい幸せな時間を過ごさせていただきました」


勝矢さん
「本当に『HERO』で現場を踏ませていただき、初・月9で、初・主演(スピンオフドラマにて)で、初・遅刻(スピンオフドラマにて)で楽しくてしようがなかったです。一生体験できるもんじゃないと思います。みなさんとやれたことが嬉しい! これを糧にがんばりたいと思います。『HERO』バンザーイ!」


松重豊さん
「本読み、顔合わせの時、旧メンバーが昔の思い出話しばかりを語っていて不愉快な思いをしました。かくいう私も、もし次があるなら同じことをすると思います!!」
 
八嶋智人さん
「13年ぶりの『HERO』。“全く成長してない俺”を見せたかった。それを全く変えずにできた俺のフレッシュ感!! 13年の時を経てもなお、なんてチームワークのいい座組! 楽しかったです!」

小日向文世さん
「13年ぶりに城西支部に戻ってこられて、末次を演じることができまして、楽しかったです。幸せでした。元気で頑張ってればきっといいことがある。13年間頑張ってきたおかげで、こうしてまた城西支部に戻ってくることができました。また13年、頑張ります! ご縁があったらまた声をかけてください。本当にありがとうございました」


角野卓造さん
「ずっと一緒に作っていたい! 一緒にこれからも作りましょうよ! 出世したおかげで今日が一番みなさんと長く居られました。今日は部長席に座らせてもらって、居心地良かったー(笑)。これからも次席検事一生懸命勤めます」

ドラマはいよいよ佳境!
最終回までお楽しみください!
木村拓哉さんインタビュー(タイアップサイト)
久利生公平役、
木村拓哉さんのインタビューが、
タイアップサイトで公開されました。
公式ホームページとは、少し趣の違ったお話が読めますので、
ぜひ、ご一読ください!

文部科学省 道徳教育×HEROタイアップサイト

http://www.mext.go.jp/doutoku-hero/index.htm
(※コピー&ペーストでお願いいたします)
道徳教育タイアップサイト開始!
現在、『HERO』は文部科学省の道徳教育とタイアップを行っています、
本日から文部科学省と『HERO』とのタイアップサイトがスタートします!
道徳教育に関する、ここでしか読めない出演者インタビュー満載!
主要キャストのインタビューが随時アップされていきますので、ぜひチェックしてみてください

文部科学省 道徳教育×HEROタイアップサイト
http://www.mext.go.jp/doutoku-hero/index.htm
(※コピー&ペーストでお願いいたします)
この夏一番HEROの秘密が明かされるバー
7月27日(日)深夜26:30〜26:45に、
『この夏一番HEROの秘密が明かされるバー』
の放送が決定しました。
城西支部のメンバー紹介を中心に、
『HERO』の見どころを、
ギュッと濃縮した番組です!
是非、ご覧ください。

※番組はフジテレビの放送予定です。他のテレビ局では、ご視聴出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

 
HERO1話&2話一挙ダイジェスト放送SP!
7月26日土曜日、午後3時から、
『話題沸騰!
HERO1話&2話一挙ダイジェスト放送SP!』

が、放送されます。
1話、2話を見逃してしまった人、
もう一度、見たい人、
この機会に、ぜひご覧ください!

※番組は、フジテレビの放送予定です。他のテレビ局では、ご覧いただけない場合がございます。
予めご了承ください。
 
制作発表!!
『HERO』カラー
ブルーカーペットウォークで、
出演者が登場!!
制作発表!

7月10日木曜日、お台場のホテル日航東京レストラン『タロンガ』で、『HERO』の制作発表が行われました。記者発表前には、同レストラン前に敷かれたブルーカーペットに
木村拓哉さん、北川景子さん、杉本哲太さん、濱田岳さん、正名僕蔵さん、吉田羊さん、松重豊さん、
八嶋智人さん、小日向文世さん、角野卓造さん
が登場。集まったファンのみなさんから、喝采を浴びました。
そして、会見には今回、道徳教育でドラマとタッグを組む文部科学省から、なんと下村博文文部科学大臣も出席。
「なぜ『HERO』と道徳教育がタイアップするのか? と、思われる方もおられるかもしれません。しかし『HERO』という作品は、自分が生きる理想や目指すもの…根源的に“生きる”とは何なのか? を考えることが出来る素晴らしい番組だと思います。道徳というものも『HERO』のように、生きるということを突き詰めて考えることの素晴らしさを伝えることです。番組をご覧になることで“自分の人生をもう一度考えよう”というきっかけになるのではないでしょうか」
と、エールを送ってくださいました。
それでは、記者発表に出席されたみなさまのご挨拶をご紹介します。
木村さん
「みなさん、今日は悪天候の中をお集まりいただきありがとうございます。久利生公平を演じます木村拓哉です。2014年までの時代を過ごした久利生が、(ドラマに)いると思います。ポスターにも“時代は変わった。この男はどうだ。”というメッセージが入っていますけど、それはぜひ、作品の登場人物たちをご覧になることで体感していただいて、みなさんでジャッジしていただければ良いな…と、思っています。よろしくお願いします」
北川さん
「事務官の麻木千佳役を演じさせていただいています、北川景子です。先ほど、ブルーカーペットを歩かせていただいた時、『HERO』ではお馴染みの曲がかかっていたんですけど、“わっ、本当に私は『HERO』の一員として撮影をさせていただいているんだ”と、感無量になりました。年に4度しかない月9ドラマで、木村拓哉さんの相手役で、しかも『HERO』という作品に出演させていただける私は、世界で一番幸せなのでは? と、思っています」
杉本さん
「田村雅史役の杉本哲太です。新規参入ということで、すごく緊張しています。でも、収録には毎日楽しく参加させていただいています。田村という人物の俗物的な部分を出していけたらと思っています。どうぞよろしくお願いします」
濱田さん
「宇野大介役をやらせていただいています、濱田岳です。13年前、僕は中学1年生で、その時に社会現象を起こしたあのドラマがまた帰ってくるんだ…と、いち視聴者として嬉しいのですが、まさかそのドラマに自分が出演できるとは思っていなかったので、そこに混ざれた嬉しさもあります。しかも、城西支部の名物事務官、末次さん(小日向文世)とコンビが組めたりと、本当に何重もの嬉しさがあって、(出演の)お話をいただいた時は興奮しました」
正名さん
「役どころで事務官に昇格いたしました井戸を演じさせていただいています、正名僕蔵です。井戸のサプライズ人事に驚いているのは、まさに私自身。役者を続けてきて本当に良かったという思いを噛みしめながら…でも、現場では新人事務官ですから、本当に初心にかえって、大きな声で井戸を演じています。どうぞ、よろしくお願いします」
吉田さん
「みなさま、今日はありがとうございます。城西支部新規参入組の馬場礼子役を演じさせていただいております、吉田羊です。13年前の私の世界は、60人のお客様でいっぱいになる小劇場でした。その時には13年後に、こんな展開が待っていることなど想像もできなかったので、“神様って本当にいるんだ”と感じています。収録は和気あいあいと進んでいます。豪華で芸達者な出演者のみなさんは、本番で急に何をやっても受けて返してくださいます。信頼感は絶大です。この信頼感とチームワークの良さを、みなさまに毎週アウトプットしていけたら良いな、と思っています。応援よろしくお願いします」
松重さん
「検事部長、川尻役の松重豊です。部長と言っても、グダグダなクラスメートの中の学級委員?…というより、日直ぐらいの権力しか持っていません(笑)。意外と絶叫するシーンが多いので、のどをからしました。のど飴を欠かせない毎日を送っております(笑)。よろしくお願いします」
八嶋さん
「遠藤を演じております八嶋智人です。13年たちました。“時代は変わった。この男はどうだ。”ということですが、私と小日向さんは一切変わっておりません。物語も13年経過しています。なのに、人はそんなに変わらないと(笑)。そういうところもご覧いただきたいです。久利生さんの正義に突き進むテンションも含めて13年前と全く変わらないという、愚直なドラマでありたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします」
小日向さん
「末次隆之役の小日向文世です。前回の連続ドラマから、もう13年経っちゃいました。ついこの間のように思っていたんですけど、写真などを見ると明らかに歳をとっているなと自分でも感じます。ただ、歳はとったんですけど『HERO』の世界観は全く変わらず、なんだか自分も40代に戻ったような気持ちにさせられるような、とても楽しい収録を過ごさせていただいています。木村さんも全く変わっていなくて、まさにキラキラと輝く久利生公平を僕らの前で演じてくれています。よろしくお願いします」
角野さん
「次席検事、牛丸豊役の角野卓造です。13年前に『HERO』が始まってすぐ、実際の検事さんたちがすごく喜んでくださっているとのお話を伺いました。また、法律を学んでいる学生さんたちには“検事を目指そう”という方が増えたとも伺って、すごく嬉しかった…というより、このドラマに出演できたことが誇りに思えました。また、そういうことが起こってくれたら…と、心の中で祈っております。次席検事という身に余る昇進をさせていただいたので、牛丸としては嬉しい反面、みんなと一緒にいられないのが残念で、すごく寂しいです。でも、事件に向き合う気持ちは城西支部のみんなと一緒だと思っています。台本をいただくと一気に読んでしまうほど面白い作品で、今は早く放送が見たいです。みなさんもぜひ、ご覧になってください」
第1話放送は、間もなく!
7月14日月曜よる9時スタート!!
 
『HERO』が文部科学省とタイアップ!
『HERO』が文部科学省“道徳教育”とタイアップ!
久利生公平の姿に、城西支部の面々の姿に学ぼう!


道徳教育に関する理解・普及を図るため、文部科学省とドラマ『HERO』のタイアップが決定しました。
久利生公平(木村拓哉)は先入観などにとらわれず、疑問を持った点については徹底的に自分の目で確かめ、さまざまな人たちから話しを聞いて最終判断を下します。誰に対しても公正、公平な態度で接し、自らの信念に基づいて行動、事実を追究していこうとするという久利生。そして互いに支え合う城西支部の面々の姿は“人としてどうあるべきか? 自分はどう生きるべきか?”という、道徳教育の根源的なテーマと共通するものがある…と、いうことで、文部科学省が推進する道徳教育とのタイアップが実現したのです。
現在、文部科学省では、すでに新しい道徳教育教材『私たちの道徳』を作成。全国の、小、中学校に配布するなどさまざまな取り組みを始めています。同教材では、先人などの偉言や、偉人や著名人の生き方などを紹介するなど、学校でも家庭でも道徳教育について学んでいこうという工夫がなされています。そんな教材に加え、『HERO』を見ながら各ご家庭で道徳教育について語り合う機会が増えることが期待されます。
現在予定されているタイアップ内容は以下のとおりです。

○タイアップポスターを全国、小、中、高校合計40,000校に配布!
ドラマのポスターデザインと共通ビジュアルでの文部科学省とのタイアップバージョンポスターが完成! 全国の、小、中、高校合計40,000校のもとへ配布を既に開始しています。各校に掲示されるポスターを通じて、子どもたちが『HERO』とともに道徳教育を学ぶきっかけに!
キャッチコピー “時代は変わったこの男はどうだ”に呼応して、タイアップバージョンでは“時代は変わる! 君たちはどうする?”というテーマを提示。“『正義』って何だ?『真実』って何だ? みんなで考えよう、本気で生きるってこと”と子供たちに問いかけます。

○『HERO』と一緒に道徳教育を考えるイベント開催を準備中!
文部科学省と『HERO』と、ともに行うイベントを、現在企画、準備中です。『HERO』を通じて道徳教育について親子で語り合う機会となるイベントで、詳細は追ってご報告いたします。

さらに文部科学省ホームページ内でも同タイアップ内容が紹介予定。道徳教育に関する出演者インタビューなど、ここでしか見られない内容にご注目ください!
 
<<前のページへ   次のページへ>>