『HERO』が文部科学省とタイアップ!
『HERO』が文部科学省“道徳教育”とタイアップ!
久利生公平の姿に、城西支部の面々の姿に学ぼう!


道徳教育に関する理解・普及を図るため、文部科学省とドラマ『HERO』のタイアップが決定しました。
久利生公平(木村拓哉)は先入観などにとらわれず、疑問を持った点については徹底的に自分の目で確かめ、さまざまな人たちから話しを聞いて最終判断を下します。誰に対しても公正、公平な態度で接し、自らの信念に基づいて行動、事実を追究していこうとするという久利生。そして互いに支え合う城西支部の面々の姿は“人としてどうあるべきか? 自分はどう生きるべきか?”という、道徳教育の根源的なテーマと共通するものがある…と、いうことで、文部科学省が推進する道徳教育とのタイアップが実現したのです。
現在、文部科学省では、すでに新しい道徳教育教材『私たちの道徳』を作成。全国の、小、中学校に配布するなどさまざまな取り組みを始めています。同教材では、先人などの偉言や、偉人や著名人の生き方などを紹介するなど、学校でも家庭でも道徳教育について学んでいこうという工夫がなされています。そんな教材に加え、『HERO』を見ながら各ご家庭で道徳教育について語り合う機会が増えることが期待されます。
現在予定されているタイアップ内容は以下のとおりです。

○タイアップポスターを全国、小、中、高校合計40,000校に配布!
ドラマのポスターデザインと共通ビジュアルでの文部科学省とのタイアップバージョンポスターが完成! 全国の、小、中、高校合計40,000校のもとへ配布を既に開始しています。各校に掲示されるポスターを通じて、子どもたちが『HERO』とともに道徳教育を学ぶきっかけに!
キャッチコピー “時代は変わったこの男はどうだ”に呼応して、タイアップバージョンでは“時代は変わる! 君たちはどうする?”というテーマを提示。“『正義』って何だ?『真実』って何だ? みんなで考えよう、本気で生きるってこと”と子供たちに問いかけます。

○『HERO』と一緒に道徳教育を考えるイベント開催を準備中!
文部科学省と『HERO』と、ともに行うイベントを、現在企画、準備中です。『HERO』を通じて道徳教育について親子で語り合う機会となるイベントで、詳細は追ってご報告いたします。

さらに文部科学省ホームページ内でも同タイアップ内容が紹介予定。道徳教育に関する出演者インタビューなど、ここでしか見られない内容にご注目ください!