第1話(7月14日月曜日)ゲストはこの人!!
森山直太朗がドラマデビュー
被疑者として登場!
久利生公平との対決の行方は!?
 
『HERO』の初回ゲスト(7月14日(月))として、森山直太朗さんが出演します。ドラマ初出演の森山さんは、木村拓哉さん演じる久利生公平と真っ正面に向き合う被疑者役。
森山さんが演じるのは、大西祐二。大西は、居酒屋で店員を突き飛ばし階段から転落させケガをさせたことにより逮捕され、検察に送致されます。ところが、大西の指紋が15年前に発生した宝石強盗事件の容疑者と一致。しかも、宝石強盗事件の時効は目の前に迫っています。果たして、大西は宝石強盗事件の犯人なのでしょうか?…という役どころです。

             
森山さんは13年前、『HERO』が放送開始した2001年にはインディーズで活動中、翌年(2002年末)にメジャーデビューしました。当時見ていた作品からの出演依頼に、
「一体、誰が何のためにどんなねらいで? と、ご指名いただいてものすごくうれしい気持ちとミステリアスな気持ちにさせられました」
と、最初は当惑したそうです。そんな中、ドラマの顔合わせや台本読みの日を迎えたところ、
「木村(拓哉)さんを始めとした役者さん、みなさんがとてもフランクで、今日、昨日会ったのではなくずっと一緒だったような雰囲気にしていただきました。(木村さんに)“何とぞよろしくお願い致します。大変緊張しております!”とご挨拶すると、聞こえるか聞こえないかの声で“ぜんぜん大丈夫っしょ”と言われたんです。何が大丈夫なのかはわからないけれど、その言葉を頼りに、できました。(木村さんが)非常に大きな心で包んでくださった」
と感激。『SMAP×SMAP』のS・LIVEゲストで出演したり、FNS歌謡祭や他局の歌番組を通じてこれまでにも面識があったということだが、あらためてドラマで木村さんとの共演を果たしたことにより様々な発見をされたようです。
『HERO』の渡辺恒也プロデューサーは、森山さんへの出演依頼を
「新しい『HERO』のスタートにふさわしいドリーム感のあるキャストは誰か? と、考えていた時に、CMで飄々(ひょうひょう)と演技されてる森山さんを見て“いた!”と思いました。いい意味で予想できない面白さを作品に加えてくださるのではと期待しました。すると、コミカルもシリアスもできるのに、どこかミステリアスさも感じさせる…“表現者”として本当に奥深いものを見せてくださいました。それにしても、ドラマ初出演とは思えない堂々としたお芝居でした」
森山さんご自身も、
「(音楽活動では)自分の間合いでやってきたのが、(ドラマ撮影は)みんなの間合い、監督の間合いでやっている。そんな中でやっていると、5秒前のカウントが始まっているところで急に“ぼくは何しにきたんだ”なんてことを考えていたりする。そんないまさらの問答が始まるのですが、そこで答えが見えた時にセットと相手以外何も見えなくなる感覚を味わいました。自分の活動では感じたことのないような感覚を味わえて、すごくおもしろい」
と“演技”の世界に魅了された様子で、“今後もやってみたい”と語っています。
最後に森山さんから視聴者のみなさんに、こんなメッセージ。
「ぜひリアルタイムで見ていただけたら。僕の初めてのドラマの演技、自分で言うのもなんですが、すごくよかったんじゃないかなって(笑)」
7月14日月曜日放送の第一話で、森山さんの新境地をぜひ目撃してください!