試写イベントに“兄弟”そろい踏み!
『カインとアベル』で、主演の高田優を演じる
山田涼介さんと、優の兄・驤齧の
桐谷健太さんが、第8話先行プレミア試写イベントに登場しました。
黄色い声援が終始飛ぶ中、山田さん&桐谷さんが、今作出演における感想や、周りの反響、撮影エピソードなどを赤裸々に語りました。また、ここまで兄弟を演じてきた2人は、集まった観客のみなさんに、“きょうだい”に関わるきわどい質問をぶつけるなど、会場は大いに盛り上がりました。

山田涼介さんコメント
Q・月9出演されて、いかがですか?
「普段、街で気づかれることはあんまりないんですけど、最近は「ドラマ見てます。がんばってください!」って声かけられることがかなり増えましたね。『カインとアベル』の影響力のすごさを実感しています。あとメンバーの木雄也が『カインとアベル』に“どハマリ”してます。放送当日の深夜に、「山田、7話おもしろい!この興奮を伝えないと眠るなんてもったいないと思ってメールした。おやすみ!」と言ってきました(笑)」
Q・実生活での“きょうだい”エピソードをお聞かせください。
「とても仲いいですよ。この前は妹の誕生日を僕の家で、家族でお祝いしました。風船などのデコレーションを姉と一緒に準備しました」
Q・終盤に向けて、視聴者のみなさまへメッセージをお願いします。
「もうここからは1秒たりとも見逃せないと思います。たくさんの方に見ていただいて、『カインとアベル』のストーリーを皆さんに楽しんでいただければと思います。2人の兄弟にぜひ、振り回されてほしいと思います!」

桐谷健太さんコメント
Q・月9に出演されて、いかがですか?
「第8話で泣きのシーンがあるんですけど、その撮影日が『紅白歌合戦』の出演者発表の日と重なりまして…。最近、なんか情緒がおかしくておかしくて(笑)」
Q・実生活での“きょうだい”エピソードをお聞かせください。
「うちの兄貴は小学生の頃からすごく目立っていて、どこに行っても兄のことを言われました。憧れの存在でしたね」
Q・終盤に向けて、視聴者のみなさまへメッセージをお願いします
「この後、驤黷ェどうなっていくのか、そして優がどうなっていくのか、梓との三角関係、父・貴行との関係、すべてに注目してほしいと思います。残り3話を楽しんでみてほしいですし、この壊れかけた兄弟の関係が修復していくのかなど、最後まで展開を楽しんでいただきたいと思います」

 
ヒロインフェスティバル!
あの夫婦が帰って来た!?
倉科カナさんが『キャリア〜掟破りの警察署長〜』に出演!

この秋の3つの連続ドラマ『カインとアベル』、『Chef〜三ツ星の給食〜』(木曜10時放送中)、『キャリア〜掟破りの警察署長〜』(日曜9時放送中)がスペシャルコラボ!
ヒロインフェスティバルとして、各ドラマの出演者が、それぞれのドラマに作品の垣根を越えて、そのままの役柄でカメオ出演します。
『カインとアベル』からは、我らがヒロイン矢作梓を演じる
倉科カナさんが、11月27日日曜夜9時放送『キャリア〜掟破りの警察署長〜』に出演し、
玉木宏さん演じる主人公の遠山金志郎と梓の奇跡のコラボになりました。
倉科さん玉木さんと言えば、フジテレビの連続ドラマでは『残念な夫。』(2015年1月放送)で夫婦役を演じた2人。
いったい、どんなシーンになったのか?
は、ご覧になられてのお楽しみです!
倉科カナさんコメント
Q・『キャリア〜掟破りの警察署長〜』に出演されて、いかがでしたか?
「現場は新鮮で楽しかったです。玉木(宏)さんはもちろんですが、『残念な夫。』で共演した時に私たちの赤ちゃん役として出演していた子たちも出てくれたんですよ!」
Q・『残念な夫。』の時は、ひと役を双子の赤ちゃんが演じていたんですよね?
「はい。あの時は、まだ生後8か月だったので、私たちのことを覚えていないとは思いますが、今回は双子ちゃんとして登場します。期せずして『残念な夫。』の家族が再共演できたので嬉しかったです。ご覧になられる方も、“あぁ、あの時の!”と見て下さったら楽しいと思います」
Q・『キャリア〜』で、玉木さんは警察署長を演じています。
「すごく複雑な気持ちです(笑)。夫役だった方が、警察のキャリア役を演じられているなんて! しかも、独身役なんですよね? 私はどうなったのでしょう?(笑)」
Q・放送中のドラマ出演者が、他のドラマに同じ役で登場するのは、フジテレビでは初の試みとなりますが。
「こういった企画は面白いですね。私自身、他のドラマの現場に行くのは気分転換にもなりました。他の現場とは言え、スタッフさんにも一緒に仕事をした方がたくさんいるので居心地も良かったです」
Q・さて『カインとアベル』では6話から梓の気持ちの揺れが、いよいよ激しくなってきました。
「そうですね。梓は今、本当に優(山田涼介)と隆一(桐谷健太)のどっちつかずの状態になっています。ですので、演技のさじ加減が大変なんです。そこは、監督と話しながら…それでも、最後まで楽しく演じたいと思っています。これから本当にどんな展開が待っているのか?私たちも分からないので…ちょっとドロドロした“先が読めない感”が増してきましたので、是非、みなさんもドキドキを継続させながらご覧いただけたら嬉しいです」


 
竹中直人さんが出演!
『カインとアベル』第4話から、
竹中直人さんが出演します!
今年の3月に還暦を迎えてなお、勢いを増す竹中さんは、主演の山田涼介さんと初共演になると同時に、今作で2014年から3年連続の月9出演となりました。
竹中さんが演じるのは、アジアを中心に活動する個人投資家、黒沢幸助(くろさわ・こうすけ)。見るからに“詐欺師”のような怪しい風貌の黒沢は、貸金業やバーテンダーなど職を転々とした後、40歳の時にたまたま知り合った男に気に入られ、ITのベンチャー企業に入ったことで人生が一転。のちに日本を代表するIT企業の社長となった男のもと、黒沢は10年間、アジア支部で働いた末に独立。ITから金融事業にビジネスモデルを転換させ成功を収めているのですが、その実績はあまり表舞台に出ていません。
高田桃子(南果歩)の婚約者として優(山田涼介)と驤黶i桐谷健太)の前に現れた黒沢ですが、高田総合地所にとっていかなる人物となるのでしょうか?
彼がもたらすのは混乱か、はたまた…。
竹中直人さんコメント
Q・7作目の月9レギュラー出演となりましたが…。
「えー!? 本当ですかっ!? びっくりです! そうなんだ…信じられないけど、うれしいです。こんなボクをそんなに呼んで下さってるなんて! 今後ともよろしく頼むぜ、月9! 愛してるぜ! 月9!」
Q・初共演となる山田涼介さんの印象は?
「真面目で柔らかそうな好青年に見えるけど…、きっとこいつはアナーキーな精神を持ち合わせているに違いない! と思ったぜ」
Q・視聴者のみなさまへメッセージをお願いいたします。
「“黒沢幸助”としてとにかく恐ろしい男を演じてやるぜ! 一生懸命演じるから皆さん優しくしてね」

山田涼介さんコメント
Q・竹中直人さんの印象はいかがですか?
「竹中さんとは今回初共演になります。テレビで見ていたイメージは、“明るくておちゃらけた人”という感じでしたが、そのイメージが今回の共演でちょっと変わりました! 竹中さんと共演されたことのあるキャストさんに“竹中さんってどんな人ですか?”って聞いたところ、“竹中さんは絶対に笑わせてくる!”って言われ、この後、真剣なシーンを撮らなきゃいけないのにどうしようかと思ったんですけど、今回の竹中さんは一切“ふざけず”に演じられていました。もちろん撮影の合間には口笛吹いたりして陽気に過ごされていましたが、普段テレビで見るような竹中さんの明るいイメージとはちょっと違った、“カッコよくてどこかうさんくさい竹中さん”が見られると思います。服は真っ赤で見るからに怪しいですが、今後の物語のキーパーソンになってくると思いますので、要チェックです! 第4話から竹中さんとタッグを組み、物語の大事なシーンを紡ぎ上げていきますので、僕と竹中さんのやり取りにも注目してもらえればと思います」

羽鳥健一プロデューサー
Q・竹中さんの起用理由は?
「黒沢幸助という人間は、“次世代に確実に必要となる人・物・会社”を的確に選定し、そこに見合ったお金を惜しみなく投資する投資家として生きています。もちろん儲けのためでもありますが(笑)。彼が卓越しているのは、出会った人物の性質、そして才覚を見抜く嗅覚を持ち合わせているところでしょうか。そんなキャラクターをエリート然とした人物とは真逆のうさんくささを前面に打ち出した人物にして劇中で動き回ってほしいと思いました。“こいつうさんくさいな〜”と思わせて、相手がどう向き合ってくるのか。それによって彼の人間を見る嗅覚が研ぎ澄まされていく…。そんなある種、面倒くさいキャラクターを演じきることができるのは竹中直人さんしかいない、竹中さんじゃないと困ったことになるな〜とさえ思ったほどです。南果歩さん演じる高田桃子の婚約者という設定を鑑みても、竹中さんに黒沢を演じていただくことでドラマに化学反応が起こることを期待できて、今からワクワクしています。そして何より主演の山田涼介さん演じる高田優とどんなやり取りがあるのか? これはドラマの中盤戦から後半にかけての大きなポイントになってきますので、みなさまどうぞお楽しみください!」
オリジナル缶バッジプレゼント!

『カインとアベル』オリジナル缶バッジを、

日ごろの感謝を込めて当公式ホームページから、

抽選で100名様にプレゼントいたします。

11月14日月曜23時59分締め切りとなりますので、

下記の“プレゼントについて”をお読みの上、

ふるってご応募ください!

 

ご応募はこちらから!

(上の文字をクリックしてください)

 

(プレゼントについて)

※一部で行われておりました駅構内でのサンプリングはすべて終了いたしました。

※モバイルコンテンツで行っている缶バッジプレゼントとは別になります。

双方ともにご応募いただけるWチャンス! と、なります。

※プレゼントの当落ついてのご質問にはお答えいたしかねます。当選者の発表は、

バッジの発送をもって代えさせていただきます。

※個人情報の取り扱いにつきましては、応募フォームの『利用目的』をお読みください。
主題歌完成!
先にご報告した、


が歌う『カインとアベル』主題歌が
『Give Me Love』という曲になりました。
ドラマでも描かれる、誰もが向き合う人生の葛藤や愛という普遍的かつ壮大なテーマを、メロウなR&Bサウンドに乗せて切なくも力強く歌いあげる楽曲です!
同タイトルの
ニューシングル『Give Me Love』は、
2016年12月14日水曜日発売です!

 
第1話先行プレミア試写会!
『カインとアベル』、注目の第1話放送は、
いよいよ明日、10月17日月曜夜9時〜!
その前日に、フジテレビクラブ会員のみなさまをご招待して、
第1話先行プレミア試写会が行われました。
第1話の映像前後には、
主演の高田優を演じる山田涼介さん
優の兄、隆一役の桐谷健太さん
お2人のスペシャルメッセージつき!
残念ながら、放送では見られない、
まさに、スペシャルな第1話をご覧いただきました。
さらに!
試写終了後には、優の同期で秘かに想いを寄せている、
柴田ひかり役の、
山崎紘菜さんが撮影の合間をぬってサプライズ登場!
「(第1話)最後のシーンも含めて、何か起こる予感しかしないドラマですね。私も早く2話が見たいです!」
と言う山崎さんは何と客席に降りて、みなさんにドラマの感想や質問をインタビュー。
“ドキドキするけど、いろいろと展開するのが面白かった。大人も楽しめる作品でした”
“ハラハラしながら見ていたけど、楽しいシーンもあるので、続きが見たくなるドラマでした”
など、司会の永島優美アナウンサーに
「お話を引き出すのが上手ですね」
と、褒められるインタビューを展開しました。
山崎さんは、お集まりのみなさま、ドラマを楽しみにされているみなさまに、
「早朝から毎日、みなさんに面白い作品を届けるため『カインとアベル』制作チームはガンバっています。月曜は寄り道しないで(家に)帰って、ドラマを見て下さったら嬉しいです!」
と、メッセージ。
そして、今回は観覧された方全員が、
山崎さんの写真を撮れるという、
これまたプレミアムな企画も用意されていました!
くどいようですが、第1話放送は明日!
10月17日夜9時スタートです!!
お見逃しなさいませんように!
主題歌アーティストは、この方たち!
『カインとアベル』の主題歌アーティストが


に決定しました!
ドラマと一緒に、お楽しみください!
豪華メーンキャスト追加決定!
山田涼介さんが主演を務める『カインとアベル』。
この度、山田さん演じる主人公の注目の兄役に
桐谷健太さんの出演が決定しました。
桐谷さんは、フジテレビの連続ドラマには4年ぶりの出演かつ、初の月9レギュラー出演となります。数々のドラマや映画で主演を務めてきた桐谷さんが、連ドラ初共演となる山田さんと、極上の“ヒューマンラブストーリー”を紡ぎます!
そして、ヒロイン役に
倉科カナさん。
山田さん・桐谷さんの父役に
高嶋政伸さんが主要キャストとして出演することも決まりました。

 
フジテレビ連ドラ4年ぶりの出演&初の月9レギュラー出演、
桐谷健太さん!

山田さん演じる主人公の高田優(たかだ・ゆう)は、高田総合地所株式会社の社員。優の父は幼い頃から成績優秀な兄に目をかけ寵愛し、優には無関心。潜在的には父に認められたいが、もはや期待はしておらず、半ば、父や兄に対し、“諦め”に近い感情を抱いています…。
そんな優の兄で、高田総合地所の副社長を務める高田隆一(たかだ・りゅういち)を
桐谷さんが演じます。父に認められたいという一心で、それに応え続け、文武両道の鑑のような人生を歩んできた隆一は、自他ともに認める高田総合地所の次期社長です。一方で、表には出しませんが、いかなるときも完璧でなければならないというプレッシャーと常に戦っていて…。
今回が、4年ぶりのフジテレビ連続ドラマ出演かつ、初の月9レギュラー出演となる桐谷さん。数々のドラマや映画で主演を務めてきた桐谷さんが、エリートの “できる男”をどう演じるのか。連ドラ初共演となる山田さんとの“イケメン兄弟”は話題になること必至です!
 
5年ぶりの月9出演&月9初ヒロイン、
倉科カナさん!

優、隆一と同じく、高田総合地所で働く矢作梓(やはぎ・あずさ)を演じるのは、倉科カナさん。梓は天真爛漫で、男女問わず誰とでも仲良くなってしまいます。加えて、仕事に対する情熱や飽くなき向上心、どんなときも決して諦めない姿勢に、優も感化されていきます。一方、かつて梓と仕事を共にしたことのある隆一も、彼女の仕事へのスタンスを高く評価しています。梓自身も、隆一の目的達成のためには労を惜しまない仕事ぶりに強いリスペクトの気持ちを抱いています。
5年ぶりの月9出演かつ、初の月9ヒロインを務める倉科さん演じる梓が、優と隆一2人のイケメン兄弟と、どうなっていくのかに注目が集まります。

フジテレビ連ドラ3年ぶりの出演&11年ぶりの月9出演、
高嶋政伸さん!

優と隆一の父・高田貴行(たかだ・たかゆき)を高嶋政伸さんが演じます。高田総合地所の社長を務める貴行は、完璧主義者で、目的達成のためには手段を選びません。長男の隆一を溺愛するとともに、絶大な信頼を寄せています。一方、次男の優に対しては特段何も期待していないのですが、クリエイティビティーや感受性の高さに早くから気づいています。でも、それは自身が苦手とする会社の会長でもある父と通ずるものがあると感じており、優に苦手意識を持っています。
今回が、3年ぶりのフジテレビ連続ドラマ出演かつ、久々11年ぶりの月9出演となる高嶋さん。これまで数々のドラマや映画で活躍し、俳優として円熟の時を迎えた高嶋さんの一挙手一投足に注目が集まります。

/ 山田涼介さんコメント /
Q.追加キャストが決まりましたが?
「桐谷さんとは二回目の共演になりますが、僕のイメージは“元気で優しい兄貴”という感じなので、今回演じられる隆一とのギャップを楽しみにしています。倉科さんはバラエティー番組でご一緒させていただいた時に、天然発言を連発されていたところがとてもかわいらしかった印象が残っています。高嶋さんには、顔を踏まれたことがあるんです! 映画『暗殺教室』で共演させていただいた時に。今回は親子の役ということなので、また厳しくやられると思います…。でも本当の高嶋さんはとても優しくて、気をつかってくださる方です。加えて、役に入ったら完璧に“嫌なやつ”を演じられるので、それに屈しないように強い気持ちを持ってがんばりたいと思います」
Q.ファン・視聴者へのメッセージ
「今回の月9は王道のラブストーリーではありません! 複雑な人間関係の中から湧き上がってくる恋心など、一つ一つ丁寧に描いていきますので、細かい部分にまで注目してもらいたいと思います。すてきな月曜夜9時を視聴者の皆さんに届けられるようにがんばりますので、応援よろしくお願いします」

/ 桐谷健太さんコメント /
Q.フジテレビ連ドラ4年ぶりかつ、初の月9レギュラー出演となりますが…

「月9って、もともとトレンディー、プラス恋愛というイメージが強いですが、今回はそれに加え、家族・兄弟の話、執拗(しつよう)なまでの嫉妬心、そして完璧な兄が、弟の存在によってどう崩れていくかなど、複雑に絡み合う人間関係が描かれますので、その辺りを非常に楽しみにしています」
Q.連ドラ初共演となる山田さんの印象は?
「以前ご一緒させていただいた時はずっと近くにいた気がします。とても明るく、素直な方という印象ですので、今回山田くんと一緒に芝居できることを楽しみにしています。山田くんが役者として、ここからどう化けていくのかすごく楽しみにしていますし、今回の作品を通じてお互いが切磋琢磨することで、いい化学反応を起こし、刺激的なドラマを作り上げたいと思っています」
Q.高田隆一をどのように演じようと思っていらっしゃいますか?
「はたから見たら完璧にも見える男が、何を抱えて生きているのか、隆一の持つ人間らしいところに血を通わせていけたらと思っています。今まで演じたことのないような人物像なので、自分自身が撮影が進んでいく中でどう変化していくのか楽しみです」

/ 倉科カナさんコメント /
Q.矢作梓をどのように演じられますか?

「矢作梓という女性が魅力的に生きているさまを、のびのびと表現できたらと思っています」
Q.ドラマ初共演となる山田さんの印象は?
「“私より全然しっかりしている方”という印象で、きっと撮影現場では年上の私が、年下の山田さんから、たびたびツッコミを入れられるだろうと、今から覚悟しています」

/ 高嶋政伸さんコメント /
Q.フジテレビ連ドラ3年ぶりかつ、11年ぶりの月9出演ですが…

「月9は、20代で『For You』、30代で『危険なアネキ』、そして 40代の終わりに『カインとアベル』と、人生の節目ごとにチャンスを与えてくださっている、僕にとって大切なドラマ枠です。真心込めて演じさせていただきたいと思っております」
Q.映画『暗殺教室』でも共演された山田さんの印象は?
「山田さんのあの素敵な笑顔の後ろには、きっと血を吐くような努力の年月があると思います。表現者として、心から尊敬しています」
Q.高田貴行をどのように演じられますか?
「親子関係における、温かさとは何か、道徳心とは何か、恐怖、尊敬、憎悪とは何か、そして、愛とは何か、を問い続ける“父親”高田貴行を丹念に演じていきたいです」

 
<<前のページへ   次のページへ>>