ウェディングドレス姿を初披露!

シャーロット・ケイト・フォックスさんが、
ウェディングドレス姿を初披露!

本日、6月5日に第8話が放送となる『OUR HOUSE』。来週12日(日)の最終回で、シャーロット・ケイト・フォックスさんがウェディングドレス姿を初披露することになりました。
最終回となる第9話は、せっかく居場所を見つけることのできたアリス(シャーロット・ケイト・フォックス)と、亡き母親・蓉子(渡辺舞)にうり二つの葵(渡辺舞/二役)の間で心が激しく揺れ動いてしまう桜子(芦田愛菜)、そして奏太(山本耕史)、光太郎(加藤清史郎)、新太郎、桃子、琴音(松下由樹)、奏一カ(橋爪功)ら伴一家の面々が、“家族同士の絆”というこのドラマに通底するテーマにおいて、どのような結論を出し、どのような最後を迎えるのかが見どころ。さらに、アリスを演じるシャーロット・ケイト・フォックスさんが、初めてウェディングドレスを披露することにもご注目ください。彼女が、なぜ、どのような経緯でウェディングドレスを着ることになるのかについては、ドラマを見てのお楽しみですが、脚本を担当する野島伸司氏らしい物語が展開され、非常に感動的なシーンとなっていますので、どうぞお見逃しなく!

シャーロット・ケイト・フォックスさんインタビュー>
◆実際に、ウェディングドレスを着てみての感想をお願いします。
とても、とても大好きでラブリーなドレスでした。私は、ふわっとしたドレスでビンテージものがいいと思いました。きっと、アリスもこういうドレスを着たんだと思います。スタイリストさんには本当に素晴らしいお仕事をしていただき感謝しております。
◆『OUR HOUSE』の撮影も佳境を迎えていますが、振り返ってみて、どのようなお気持ちでしょうか?
このドラマに参加させていただいたことに感謝しています。私にとっては、このドラマはとてもチャレンジでした。特に、言葉遊びのセリフ回しや、早いペースでのセリフが。そして、このクルーと一緒に仕事できたことがとても良かったです。また、子役の方々がとてもいい雰囲気を現場にもたらし、ラブリーで温かく、愛に満ちている現場でした。私はこのドラマに参加できたことを、とてもラッキーだと感じています。
◆いよいよ来週、最終回を迎えます。番組ファンの皆さまにメッセージを。
『OUR HOUSE』をご覧の皆さんへ、いつもご覧になっていただきありがとうございます。皆さんとこのドラマをシェアできることを誇りに思います。本当に本当に、ありがとうございます。ぜひ最終回までご覧になってください。愛を込めて。 シャーロットより

<<前のページへ   次のページへ>>